AIがゲーム音声を分析して状況に応じた香りをもたらす「GameScent」が登場

masapoco
投稿日
2024年2月29日 11:04
Atomizer without Lid

ある香りを嗅いだとき、その香りに関連した過去の記憶や感情が無意識に呼び起こされる現象を「プルースト効果」と呼ぶ。これは、フランスの作家マルセル・プルースト(Valentin Louis Georges Eugène Marcel Proust)の有名な作品、『失われた時を求めて(À la recherche du temps perdu)』にある、主人公が紅茶に浸したマドレーヌの香りから、幼少時の母との記憶を思い起こす描写から名付けられたものだが、多くの研究からも、匂いというのは他の何よりも人間の記憶に強く刻み込まれることが分かっている。

そんな嗅覚を仮想体験に組み込もうという研究ももちろん進められているが、まだまだ一般のユーザーには敷居の高い物だった。だが今回Elevated Perceptionsは、そんな嗅覚への刺激をゲームプレイ中にプレイヤーに与える新たなデバイス「GameScent」を発表し、ゲームユーザーが手頃な価格で、より没入感のあるゲーム体験を得られる選択肢を提示している。

GameScentは、AIを活用し、ゲームプレイに対応した香りを自動的に放出するアトマイザーだ。好きなゲームやプラットフォームに対応するように香りのディスペンサーをコード化する必要はなく、プレイ中に特定の音声キューを聞き取り、適切な香りを送り出すという。そのため、事実上あらゆるプラットフォームに対応しており、現在特許出願中だ。

キットには、銃火、爆発、レース、嵐、森林、清浄な空気の6種類の香りカートリッジが付属しており、ゲーム内のあらゆる匂いを再現する。同社はまた、血の匂い、刈りたての草、海、スポーツ競技場の匂いを模倣した追加カートリッジの開発にも取り組んでいる。

Elevated Perceptions社のCasey Bunce社長は、「GameScentによって、ゲーマーの体験をこれまで以上にエキサイティングで記憶に残るものにしたいと願っています」と、述べている。

GameScentは現在、Amazon、Best Buy、GameStopなどの主要小売店で販売されている。価格は179.99ドルだが、初回限定で149ドルとなっている。Amazonでは、日本への発送も行ってくれているようだ。

詰め替えキットに関する情報、具体的にはカートリッジの寿命や詰め替えにかかる費用については不明だ。プリンタと同じようなものであれば、おそらく詰め替え用にはかなりの費用がかかることが予想される。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • apple store beijing
    次の記事

    Appleは生成AIで「新境地を開く」とCEOが宣言

    2024年2月29日 12:04
  • 前の記事

    AIによってさまざまな種類の高度宇宙文明間の相互作用をシミュレート

    2024年2月29日 9:49
    ET Communication
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事