あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

パリを拠点とするAIスタートアップ「Mistral AI」は、シリコンバレーのベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzと初期投資家Lightspeed Venturesが主導する資金調達ラウンドで3億8500万ユーロ(約604億円)を調達した事が明らかになった。

設立から7ヶ月の同社は、Alphabet(Google)やMetaのAI研究者らによって設立され、現在22名の従業員を抱え、既に評価額は20億ドルとされている。また、新しいオープンソースモデルをリリースしたが、今回APIプラットフォームへのアクセスを提供した。

チャットボットと生成AIツールのためのオープンソースソフトウェア

Mistral AIは、チャットボットやその他の生成AIツールを動かすためのオープンソースモデルを開発している。MetaのLlamaと同様、Mistralのビジネスプランは、まずオープンソースモデルで市場への浸透を図り、その後、これらのモデルを中心にプレミアムサービスを提供するか、高品質なモデルの提供による課金へと誘導することである。

このラウンドには他に、Salesforce、BNP Paribas、CMA CGM、General Catalyst、Elad Gil、Emerson Collective、Conviction、Bpifrance、La Famiglia、Eric Schmidt、New Wave、Motier Ventures、Sofinaが出資している。

9月、Mistralは初の小規模・大規模言語モデル、Mistral 7Bをリリースし、オープンソースコミュニティで瞬く間に人気を博したが、今回、Mixtral MoEにより、MistralはGPT-4アーキテクチャを採用したMixed-of-Expertsモデルをリリースした。

mistra 7B moe 770x538 1

8つの7Bモデルをネットワーク化し、ベンチマークでは70BのGPT-3.5とLlama 2を凌ぐという。このモデルは英語に加えてフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語をサポートし、32kのコンテキストウィンドウを提供する。

Mistral、APIアクセスを開始

Mistral AIはまた、3つのテキストチャットエンドポイントとエンベッディングエンドポイントを含む、最初のプラットフォームサービスへのベータアクセスを開始した。mistral-tiny、mistral-small(Mixtral MoE)、mistral-mediumと名付けられたエンドポイントは、異なるAIモデルへのアクセスを提供し、mediumエンドポイントでは、MMLUで約75%のスコアを記録し、このベンチマークでGPT-3.5を大幅に上回る、より高性能なプロトタイプモデルを使用している。

mistral medium

このプラットフォームは、コントロールしやすいモデルのために、微調整や直接プリファレンス最適化などのカスタマイズ技術を提供する。mistral-tinyは英語で、mistral-smallとmistral-mediumは複数の言語とコードをサポートしている。

このプラットフォームには、検索用に設計された埋め込みモデル、mistral-embedも含まれている。Mistralが「私たちのAPIは、私たちの親愛なる競合他社が最初に提案した人気のあるチャットインターフェースの仕様に従っています」と、述べているように、APIはチャットインターフェースの共通仕様に準拠している。

プラットフォームの容量は、ベータ版アクセスから2024年の一般提供に移行するにつれて徐々に増加する。NVIDIAはTRT-LLMとTritonの統合でMistral AIをサポートしている。

欧州はようやくAIへの関与を強めつつある

Mistraの資金調達に先立ち、ドイツのAI企業Aleph Alphaは、新規および既存の投資家7社からなるコンソーシアムからシリーズB資金調達ラウンドで5億ドル以上を調達した

この資金調達により、Aleph Alphaは欧州における生成AIアプリケーションのプロバイダーとしての地位を強化し、製品開発と規模拡大を加速させることができる。

Aleph Alphaは、説明可能で信頼できる生成AIへのアプローチに重点を置き、欧州で最も高速な商用AIデータセンターを運営していると主張している。

Mistral AIとAleph Alphaは間違いなく、今日ヨーロッパで最も強力な生成AIモデルのプロバイダーであり、Meta、Anthropic、OpenAIといった国際的な競合他社に挑んでいる。

しかし、最近の数百万ドル規模の投資にもかかわらず、米国と比較して資金調達の不均衡が残っている:OpenAIはMicrosoftだけから100億ドル以上の資金を得ているが、AnthropicはGoogleとAmazonから60億ドルもの支援を受けている。これは公平な競争条件とは言えないだろう。

EUはAI法によって、AI、特に基礎的モデルに関する重要な法的枠組みを作り上げた。EUのデータ保護法の一部で起こったように、このルールは世界の他の地域にも波及する可能性がある。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする