ChatGPTを利用してフェイクニュースを流した罪で中国で初の逮捕者が出た

masapoco
投稿日
2023年5月10日 6:40
chatgpt unsplash

中国当局は、中国北部の甘粛省で、ChatGPTを利用して偽のニュース記事を書いたとする男性を拘束したと伝えられている。この動きは、AIサービスを悪用して “偽の情報”を配信することを禁止する、中国の新しい反AIガイドラインに基づいて行われた最初の逮捕者のようだ。

South China Morning Postが報じた警察の声明によると、Hongという姓のみが明らかになっているこの容疑者は、ChatGPTを使って、4月25日に地元の列車事故で9人が死亡したとする記事を書いた。この記事は、Baiduが運営するブログ形式のプラットフォーム「Baijahao」で20以上のアカウントによって共有され、当局が発見するまでに1万5000回以上クリックされた。

中国甘粛省の警察は、”人工知能技術を使って虚偽や事実と異なる情報をでっち上げた”としてHong氏を拘束し、「現代の技術的手法を利用して偽の情報を捏造し、ソーシャルメディア上での拡散を進めた 」と発表している。

中国はChatGPTへのアクセスをブロックしている数少ない国の1つだが、VPN接続を使用してこれらの制限を回避することが可能で、Hongもこれを利用したようだ。

SouthChinaMorningPostによると、Hongは「喧嘩を売ったり、トラブルを引き起こしたりした」罪で起訴された。これには、ネット上で誤った情報を作成したり、拡散したりした容疑者に適用できる包括的な犯罪が含まれる。しかし、それだけでなく、公共の秩序を損ねたり、公共の場で混乱を引き起こしたりすることも広く定義されている。この罪状は曖昧で、言論の自由を阻害し、中国政府を批判する活動家を逮捕する可能性があるとして、広く批判されている。起訴された者は、5年から10年の懲役刑に処される可能性があるとのことだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • anthropic Constitution Blog
    次の記事

    Anthropic、AIの倫理的な行動と発展を促進するための「憲法」をリリース

    2023年5月10日 12:27
  • 前の記事

    Meta、6種類のデータが相互連携出来る画期的なマルチモーダルAI「ImageBind」をオープンソースで発表

    2023年5月10日 5:59
    meta logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事