あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州連合、Googleの広告事業解体の可能性について警告

Googleの広告事業は、広告テクノロジー事業における同社の支配力を低下させるために、世界中の競争監視機関から独占禁止法に関する調査を頻繁に受けている。今年に入り、米国司法省と8つの州は、反競争的行為によってデジタル広告を独占しているとして、Googleを提訴した。Googleは、アドエクスチェンジと入札に参加するためのツールにおける優位性を悪用し、競合他社を切り捨てたとされる。この訴訟では、Googleにオンライン広告技術事業の売却を求めたが、これは同社の収益に深刻な打撃を与えることになる。EUの欧州委員会は現在、同じことを望んでおり、水曜日にGoogleに対して正式に「告発状」を提出する用意があるという。

Reutersによると、EUは、Googleに対して反トラスト法違反の告発を行うことで、オンライン広告におけるGoogleの優位性を低下させようとしている。EUの告発は長い間続いており、規制当局は2021年に、同社が自社のオンライン広告技術を競合他社よりも不当に優遇していないかどうかを判断するために調査を開始した。この調査では、Googleがデジタル広告に必要なデータからライバルを不当に締め出していないかどうかも調べようとした。

規制当局の不満の核心は、Googleが広告主と出版社との仲介役を務めるオンライン広告取引所である。広告主は広告を購入するためにこのプラットフォームを利用し、Webサイトパブリッシャーは広告を販売するためにこのプラットフォームを利用している。要するに、広告主と出版社のマッチングに使われている技術をGoogleがコントロールしているのだ。

Politicoによると、3月にEUの反トラスト規制当局は、欧州委員会の訴えを概説する異議申立書の準備を始めたと報告されている。同誌は、EU当局が、オンラインパブリッシャーと広告主に対して、自分たちの主張を立証するための非機密文書を要求したと述べている。

なぜなら、Googleのアドエクスチェンジは、検索大手のGoogleにプロセスに関する独自の洞察を与え、潜在的な影響力を与えるからである。しかし、Googleはデジタル広告市場における優位性を長年にわたって否定しており、EUの告発が正式に公表されれば、反論することが予想される。

万が一、Googleが広告事業を社外で解体せざるを得なくなった場合、同社にとって絶対的な大打撃となる。Googleの広告事業は、Reutersが指摘するように、同社の収益の大部分、80%近くを占めている。Googleの広告は、Gmail、Maps、YouTubeなど、同社の主力製品の多くに触れている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする