あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Elon Musk氏の弁護士は、2016年にオートパイロット機能についてMusk氏が行った発言の真偽を問うため、TeslaのCEOは「ディープフェイクの標的」であるとカリフォルニア州の裁判所に語った。

裁判所は、2018年にTeslaのオートパイロット機能が絡んだ交通事故で死亡したWalter Huang氏の遺族が起こした訴えを審理していた。

オートパイロット機能は、ドライバーの作業負担を軽減することを目的としたTesla車の先進運転支援システムである。Tesla車には、この機能のために8台の外部カメラと画像処理装置が搭載されている。しかし、このシステムの精度については大きな議論がある。

2018年、AppleのエンジニアであるWalter Huang氏は、カリフォルニア州マウンテンビューで、Teslaが車線を逸脱し、以前から破損していた防護柵に衝突する自動車事故に巻き込まれた。この事故はHuang氏の命取りになったが、まだベータ版だがTesla車に供給されているオートパイロット機能にスポットライトが当たることになった。

Huang氏の遺族は、米国運輸安全委員会(NTSB)の調査により、車がオートパイロットを使用して運転しているときにHuang氏がスマートフォンでビデオゲームをプレイしていたことが判明しても、Teslaのオートパイロット機能の失敗により車が車線を逸脱したと主張している。

Huang家の弁護士は、Elon Musk氏が2016年のカンファレンスで行った「モデルSとモデルXは、現時点では、人よりも高い安全性で自律走行できる」という発言に対して、証人喚問を求めていた。今現在は、このカンファレンスの全録音はYouTubeで公開されている。

しかし、Teslaの弁護士は、Musk氏は発言の詳細を思い出せないとし、録音の信憑性にさえ疑問を呈し、宣誓証言の要求に反対している。さらに弁護団は、多くの公人と同様、Musk氏も実際には言っていないことを言う様子を映した深い偽の音声やビデオのターゲットになっていると付け加えた。

しかし、Evette Pennypacker判事は、Teslaの立場を「深く悩ましい」とし、そのような主張は、Musk氏や他の有名人が「実際に行った言動の所有権を取ることを避ける」ことを可能にすると暫定判決で書いているとReutersは報じている。

裁判官は3時間の宣誓証言を命じており、そこでMusk氏は、録音にある発言を実際に行ったかどうかを問われる可能性がある。この訴訟は7月31日に公判が予定されており、オートパイロット機能に対する監視の目がより厳しくなることが予想される。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする