火星でドーナツ型の岩が見つかった

masapoco
投稿日 2023年7月2日 14:00
PIA25916

パレイドリアの人たちは、これで大喜びするに違いない!またしても火星で奇妙な形の岩が発見された。今回もドーナツ型の岩だ。この特別な岩は、火星の北半球にあるジェゼロ・クレーターの探査を続けているNASAの探査車パーサヴィアランスによって発見された。この画像は、スーパーカム装置の一部であるリモート・マイクロスコープ・イメージャー(RMI)によって、探査車から約100メートルの距離で、2023年6月22日(ミッションの832日目(ソル))に撮影された。

奇妙な形をした岩石は火星でよく見られる特徴で、地球と同じように長期間にわたって浸食された結果である。しかし、火星では水を媒介とした浸食が起こらないため、風化のほとんどは風や塵の嵐によって引き起こされる。火星では1年の間に局地的な嵐が発生し、その期間は地球の1年(687日)のほぼ2倍である。しかし、数年に一度(南半球の夏と重なる)、火星は全球的な砂嵐に見舞われる。

2014年1月に探査機オポチュニティが観測した「ゼリードーナツ」岩のように、この特別な岩は、その中心付近の小さな岩(または複数の岩)が浸食された後に形成された可能性がある。この岩の周りには、同じような色をした小さな岩がいくつか散らばっているのが見え、共通の起源があることを示唆している。NASAのジェット推進研究所はこの画像をPhotojournalのページで公開し、すぐにソーシャルメディアで話題となった。SETI研究所はTwitterで、このドーナツ岩は「小さな破片と並ぶ大きな隕石である可能性がある」と指摘した。

同じ岩は、2023年4月15日、ソル765(下の画像)で、探査車が約400メートルの距離にいたときに、マストカム-Z機器によって以前に撮影された。前任のキュリオシティ、スピリット、オポチュニティとともに、火星表面では長年にわたって隕石の衝突跡がいくつか見つかっている。火星の薄い大気のおかげで、隕石は地表に破片を残しやすく、降水がないため衝突クレーターの保存状態も良い。

パーサヴィアランスは2021年2月18日から火星で活動しており、かつての湖底の跡地であるジェゼロ・クレーターの探査を続けている。ローバーは、かつてクレーターに流水と堆積物が流れ込んだことを示す、保存されたデルタ扇状地からのサンプル採取に追われている。これらのサンプルは、オービター、着陸機、上昇機、2機のヘリコプターからなるNASAとESAの共同作業である火星サンプル・リターン・ミッションによって回収される。これらのサンプルを分析することで、火星の地質学的・環境的進化や、かつてそこに生命が存在した可能性を明らかにすることができるだろう。


この記事は、MATT WILLIAMS氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • airpods pro magsafe
    次の記事

    USB-Cポート版AirPods ProがiPhone 15と共に登場か、新たな機能の噂も

    2023年7月3日 5:57
  • 前の記事

    ユークリッド宇宙望遠鏡は宇宙の謎を解き明かすのにどのような役割を果たすのか?

    2023年7月2日 9:32
    file 20230623 27 zpv5wg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事