企業は自動車の自動運転機能を過剰に宣伝し、恐ろしい結果を招いている

The Conversation
投稿日 2023年2月27日 14:13
bram van oost 4xM5cytsdMo unsplash

2月中旬、Teslaは「完全自動運転機能」システムに問題があるとして、35万台以上(カナダでは2万台以上)のリコールを発表した。この自動運転機能により、交差点進入時の挙動不審や制限速度を超過する可能性があることが判明し、安全性に関わるリスクとなった。

これは、自動運転技術を搭載した車両が、安全性の期待を裏切る事例のひとつに過ぎない。2022年9月、オンタリオ州セントキャサリンズ近郊のクイーンエリザベスウェイで、Tesla車での居眠り運転が発覚した。この車両は、ドライバーからの監視がない半自動運転システムで運転されていたようで、これらのシステムの要件に真っ向から違反している。

最近、Teslaの事故が多数報告されている。これらの事故があまりにも頻繁に発生するため、米国道路交通安全局は2021年8月に正式な調査を開始した。

初期のデータによると、12カ月間で367件の半自動運転システムに関わる事故が報告された。このうち、Tesla車が関与した事故だけでも273件にのぼる。この数字は、すべての道路運送車両が関与する事故よりはるかに少ないが、少なくともこれらのシステムが主張する安全性に疑問を投げかけるものである。

ドライバーの誤解

ヒューマンファクター研究は、心理学、工学、運動学などの学問分野を横断する研究分野だ。このアプローチをTeslaの事故の分析と理解に適用すると、これらの事故の原因にはいくつかの問題があることが明らかになる。

自動車業界では、長年にわたり、これらのシステムが実際よりも高性能である可能性を示唆してきた。例えば、これらのシステムを「自動操縦」や「自動運転」といった誤解を招くような名称で呼ぶことで、ドライバーは、実際にはできないのに、人間が介在しなくても自動車が運転できると思い込んでしまうことがある。

また、新車購入時に、ドライバーの約4分の1は、ディーラーから自分の車に搭載されているアシスタンス・システムに関する情報を全く受け取っていないことが調査で明らかになった。また、ある調査によると、アシスタンスを受けた顧客のうち、車を持ち帰る前にシステムを試乗できたのはわずか9%だったという結果も出ている。

これらの問題は、最終的にドライバーが車の能力について間違った思い込みをすることに繋がる。その結果、ドライバーは、これらの自動車が実際よりも高度で自律的であると信じて使用することになるのだ。

ドライバーが、道路や交通状況がシステムで処理できるほど問題ないと思っている場合、これらのシステムの能力に関する誤解は、より危険な行動につながる可能性が高い。

カナダで初めてとなる現在進行中の研究では、交通量が比較的少なく、長い直線が続く一見何の問題もない道路でこれらの車両を操作する場合、一部のドライバーは「チューンアウト」する可能性があることが分かっている。これは、このような単純な運転タスクを処理するために、これらのシステムが十分に進化しているとドライバーが考える傾向があるためだ。

自動運転システムの規制

半自動運転システムと人間や技術的な要因がどのように相互作用し、致命的な結果をもたらすかを明らかにする研究は、長年にわたってこれらの自動車の意図しない結果を指摘してきた。

カナダ国内外において、政府は現在、このような自動車がもたらす、時にディストピア的な現実を認識し始めている。そして、これらのシステムを安全に配備し、効率的に規制するための法的枠組みを整備する必要性を認識している。

Teslaの事故は、その影響にかかわらず、利用可能であること以外の理由なく、新しい技術を導入しようとする動きを目の当たりにしているのだ。これは、航空など他の分野でも見られることだ。

2014年以来、Elon Musk氏は自動運転車の到来を約束してきた。しかし、まだ来ていない。では、それを踏まえた上で、ドライバーにできることは何だろうか?

まず、現在市販されているクルマは、どんなに高価で先進的に見えても、実は自動運転車ではないことを認識する必要がある。クルマは依然として、人間のドライバーによる積極的な監視を必要とする。

つまり、目は道路に、手はハンドルに、そして何よりも周囲の交通や道路環境に常に注意を払わなければならないのだ。


本記事は、Francesco Biondi氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Companies oversell the self-driving capabilities of their cars, with horrific outcomes」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ningyofinal1
    次の記事

    人魚ミイラの実態が解明されたが、予想をはるかに超えた奇妙なものだった

    2023年2月27日 15:50
  • 前の記事

    超新星爆発の衝撃波に乗り、地球に到着した元素があることが判明

    2023年2月27日 12:28
    Radioactive isotopes surf to Earth web resize

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事