あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Cloudflare、企業の安全な生成AI利用を助ける「Cloudflare One for AI」セキュリティスイートを提供開始

インターネットソリューションのリーディングカンパニーであるCloudflareは、企業が安全に生成AIツールを使用できるように設計されたゼロトラストのセキュリティコントロールスイートである「Cloudflare One for AI」を開始することを発表しました。この新しいスイートは、知的財産と顧客データを保護すると同時に、組織がパフォーマンスやセキュリティを損なうことなく生成AIを導入するためのシンプルで迅速、かつ安全な方法を提供することを目的としている。

Cloudflare One for AIは、AIツールの使用状況の可視化と測定、データ損失の防止、統合管理など、包括的なAIセキュリティ機能を提供する。これにより、組織はAIサービスを実験している従業員数を監視し、予算編成や企業のライセンスプランのためのコンテキストを提供することが出来る。また、このスイートにはCloudflare GatewayとCloudflare Tunnelが含まれており、それぞれ安全な接続とデータ損失防止サービスを提供する。

同社は、この新しいスイートが、データ漏洩などの生成型AI技術に関連するセキュリティリスクを軽減するのに役立つと考えている。Cloudflare One for AIは、包括的なフィルターを提供することで、許可されたデータのみが共有され、許可されていないツールの不正使用がブロックされることを保証する。

CloudflareのDLP(Data Loss Prevention)サービスは、従業員のデバイスから離れる際にコンテンツをスキャンし、アップロード中に潜在的な機密データを検出する。ユーザーが機密情報を含むデータをアップロードしようとすると、データが目的地に到達する前にCloudflareのネットワークがその行為をブロックする。

今後、Cloudflareは、企業が使用するAIツールをスキャンし、設定ミスや誤使用を検出するために、Cloud Access Security Broker(CASB)を強化する予定だ。このようなセキュリティのプラットフォーム・アプローチにより、世界中の企業が、進化するテクノロジーや新しいツールやプラグインが提供する生産性向上を、ボトルネックを作ることなく取り入れることができると期待される。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする