あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

クラウドストレージのBoxは、OpenAIとの提携により、自社製品全体に新しい人工知能(AI)機能を導入することを発表した。この機能には、顧客契約にわたる情報の分析、財務文書の要約、調査からの洞察の表面化などが含まれる予定だ。

Boxの共同創業者兼CEOであるAaron Levie氏は、次のように述べている:

“私たちは、最近の生成AIの進歩により、エンタープライズソフトウェアのプラットフォームシフトの始まりにいます。そして、エンタープライズコンテンツほど潜在的な影響が大きいところはありません。私たちは、組織独自の文書、ビデオ、プレゼンテーション、スプレッドシートなどに含まれる膨大な量のデータを分析・合成する能力において、一歩進んだ機能向上を実感しています。

AIと組み合わせることで、このコンテンツの価値を引き出し、企業内のすべての人をより賢く、より生産的にすることができるようになります。コンテンツは組織の最も重要なデータであり、Box AIによって、仕事の進め方をどのように変革していくかは、まだ始まったばかりです。”

多くの企業が今相次いでAIを自社製品に導入する中、Boxもまた、Box AIと呼ぶものでこの流行に乗ろうとしているようだ。同社は現在、生成AIですでに可能性が確認されているいくつかのユースケースに焦点を当てている。まず、Box AIのボタンをクリックすると、ユーザーは「この文書を要約してください」、「NDAの有効期限はいつですか」といった質問をすることができ、複雑で長い文書や契約書に重宝する可能性があるという。

box ai 2
(Credit: Box)

その他に示されたユースケースとしては、以下のような物がある:

  • 営業チームは、Box AIを使って複雑な契約書の質問に対する答えを導き出し、営業サイクルを加速させることができるようになります。
  • アナリストは、Box AIに長文の財務報告書を要約させ、格付けの推奨に役立てることができるようになります。
  • 法務チームは、Box AIに契約書の主要な条項、条件、義務を特定するよう依頼し、レビューサイクルを高速化することができるようになります。
  • オペレーションチームは、財務チームの同僚を待たせることなく、予算から重要なポイントを抽出して企業戦略デッキを更新するよう、Box AIに指示することができるようになります。
  • カスタマーサービスチームは、Box AIを使って何百もの顧客フィードバック調査から洞察を導き出し、改善のための主要な領域を特定することができます。

Boxは、115,000以上の顧客に対応しており、彼らのコンテンツがすでに安全に保存されている場所に基礎となるAIモデルを持ち込むことで、より便利で価値のあるものになると述べている。今のところ、Box AIは、今後予定されている「デザイン・パートナー・プログラム」を通じて、一部の顧客にのみ提供される予定だ。また、興味のあるユーザーは、利用可能になった時点でプライベート・ベータ・アクセスに登録することが出来る。価格やその他の詳細については、一般提供開始時に後日発表される予定だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする