あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Brave SearchがChatGPTの機能による要約機能の提供を開始

プライバシーに配慮したWebブラウザ「Brave」の開発者が、2021年、GoogleやBingに対抗するために独自の検索エンジン「Brave Search」の開発を発表した。その1年後、Brave Searchは正式に誰でも利用できるようになったが、この度、この検索エンジンは大幅なアップデートを実施し、ChatGPTの統合によって、「Summarizer」と呼ばれるAIベースの新機能を導入した事を発表した。

Summarizerは、誤った情報を出力することで有名なChatGPTとは異なり、検索結果からデータを取得する。そして、より正確な情報を大規模言語モデル(LLM)が受け取り、誰にでも理解しやすい首尾一貫した言葉で答えを提供するのだ。

コンテンツの原作者が正しく尊重されるよう、Braveでは、ユーザーがクリックして結果の詳細を知ることができるよう、回答に使用したリンクを常にサマライザーセクションに引用するUIを採用している。Braveは、Webサイトへのリンクは情報の正当な帰属を保証し、「大規模言語モデルの権威バイアスを緩和するのに役立つ」と述べている。

example a
(Credit: Brave)

Summarizerは非常に便利だが、一部のユーザーは結果のトップに表示させたくないかも知れない。そのような場合は、Brave Searchの設定ページでオフにすることが出来る。Googleスニペットの良い代替品になるに違いない。

これまで、ChatGPTの大きな問題の1つは、より新しい情報にアクセスできないことだった。SummarizerはWebの結果を利用するため、最新の情報をリアルタイムで回答することが可能だ。

結果の上部にサマリーを提供する以外に、クエリに関連する結果のスニペット内に太字のテキストが表示される。だがそれでも、Braveは、AIが誤った情報を出す可能性があると警告している。

Brave SearchはBrave Browserに組み込まれているが、Brave Browserをインストールしなくても、その検索エンジンだけを利用することも可能だ。どのWebブラウザからでも、 search.brave.comのWebサイトにアクセスするだけでいい。これを機に、Brave Browserについて興味が湧いた方は、その公式サイトを訪れてみて欲しい。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする