あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

バイオテクノロジー企業のGenentechは、新薬の発見と開発を加速するために、NVIDIAとの提携を発表した。この提携により、Genentechは自社の独自アルゴリズムをNVIDIAのDGXクラウドで最適化し、NVIDIAのBioNeMoプラットフォームを使用する予定だ。BioNeMoは、計算薬物発見のための生成AIアプリケーションを簡素化し、スケールアップするプラットフォームだ。

この提携の初期の焦点は、Genentechの「lab in a loop」フレームワーク内での薬物発見AIモデルの最適化にある。このフレームワークは、複雑な生物分子のパターンと関係を理解し、研究開発の成功率を向上させることを目指している。この提携は、薬物発見と開発の長く複雑なプロセスを合理化することを目指している。

Genentechは45年以上前に設立され、重篤な医療状態のための医薬品を発見、開発、販売している。

医療における大規模言語モデルの使用 大規模言語モデル(LLM)は、医療情報を処理するのに役立つ可能性がある。例えば、医療報告書を日常言語に翻訳したり、医師と患者の会話を記録して構造化された機械可読データを生成したりすることができる。

プライバシーに関する懸念もあるが、LLMは医療分野の人員不足を軽減し、医療スタッフの管理業務を軽減することで、より人間味のある医療を提供する可能性も期待されている。

多くの大手テクノロジー企業は医療AIへの投資を加速している。例えば、Googleは、医療実践にAIを導入するためにIsomorphic Labsを設立しており、Microsoftは、医療に関する質問に答えるためにGPT-4の使用を探っている。また、心理療法のためのチャットボットを使った多くの実験も進行中だ。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする