Android 14、開発者向けプレビュー第2弾がリリース – 新たに壁紙作成機能等が追加

masapoco
投稿日
2023年3月9日 16:59

Googleは、スマートフォンOS「Android 14」開発者プレビュー第2弾(DP2)を公開した。DP2では、先月発表したAndroid 14の最初の開発者向けプレビューに加え、プライバシー、セキュリティ、パフォーマンスなどがさらに強化され、タブレットやフォルダブル端末などの大画面端末の操作性を引き続き改善するとともに、アプリの連携方法の最適化、システムの健全性とバッテリー寿命の向上、エンドユーザー体験の洗練が図られている。新たな機能としては、機能としては、壁紙作成機能「Emoji Lab」、地域設定、フルスクリーン壁紙プレビューなどが見られる。

壁紙作成昨日「Emoji Lab」では、絵文字を使った壁紙を作成することが出来る。壁紙リストに表示され、モザイク、蓮、スタック、スプリンクル、プリズムなど、壁紙デザインに含めることが出来る14種類の絵文字の中から選択でき、色も調整できるようになっている。また、最初のとっかかりとして、「Randomize」ボタンも用意されている。

また、Googleは「地域設定」オプションを導入し、ユーザーが好みの温度、単位、カレンダー、週の初めの日を設定し、そのロケールに合った数字システムを選ぶことが出来る様にした。地域設定は、Android 14搭載端末では、設定 ” システム”言語と入力の中からアクセス出来る。

また、Android 14 DP2では、壁紙プレビューがデフォルトでフルスクリーンになった。「At a Glance」ウィジェットも刷新され、二重線ではなく一重線で表示されるようになった。Googleは、設定アプリのタップハイライトを変更し、設定項目をタップすると、丸みを帯びたエッジのある長方形でハイライトされるようになった。

また、GoogleはAndroid 14 DP2で、スマートフォンで長い間欠けていた通知LEDを模倣する新機能を追加する。これは、アクセシビリティメニューで、カメラフラッシュ通知とスクリーンフラッシュ通知を、別々に、または同時に有効にすることで実現される。

また、戻る矢印がピル型のアイコンになり、ダイナミックカラーが適用されるようになった。ナビゲーションモードは現在、「設定」>「システム」の「ジェスチャー」メニューの外に移動している。9To5Googleが発見したその他の重要な機能は、Security & Privacyヘッダー画像、基本色のモノクロテーマ、新しいAndroid 14システムアイコンなどだ。

Googleは毎年、開発者会議「Google I/O」で、Android、Android TV、Wear OS、Android Autoなどのプラットフォームやサービスに搭載する予定の新機能を明らかにしている。今年も同様に、同社は「Google I/O 2023」を開催し、Android 14や他のプラットフォームに搭載される新機能を発表する予定だ。

Googleは、Google I/O 2023を5月10日に米国カリフォルニア州マウンテンビューのShoreline Amphitheaterで開催することを発表している。また、Android TV 14、Wear OS 4、Android Automotive OS、Android Autoのアップデートも期待できる。イベント中のメイン基調講演は、Alphabet CEOのSundar Pichai氏が司会を務める予定だ。また、開発者がオンラインで参加できる100以上のオンデマンド技術セッションも用意されている。

Android 14の最初の開発者向けベータ版は、数週間前にリリースされた。同社は、複数の画面サイズでのアプリの使用体験を改善し、折りたたみ式の携帯電話やタブレットの大きな画面を最大限に活用しようとしている。同社はサードパーティの開発者に対し、より大きな画面、ウェアラブル端末、スマートテレビ向けのアプリを開発するよう働きかけている。その他のAndroid 14の機能としては、予測戻るジェスチャー、バッテリー寿命の延長、デュアルSIM機能の向上、eSIM転送ツール、PlayStation DualSense Edgeゲームコントローラのサポート、プライバシー/セキュリティ機能の強化などがあります。Android 14の機能のほとんどは、今年後半のOne UI 6.0アップデートを通じて、SamsungのGalaxyスマートフォンやタブレットに搭載されると思われる。

また、このGoogle I/Oでは、Android 14とは別に、スマートフォン「Pixel 7A」を発表することが予想される。更に、GoogleはPixel Tabletの発売日を発表し、噂されているPixel Foldスマートフォンを予告する可能性もありそうだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 0 HailoBanner 1
    次の記事

    AIチップメーカーHailo、「Hailo-15」を発表、エッジにさらなる画像処理能力をもたらす

    2023年3月9日 17:18
  • 前の記事

    Microsoft EdgeがAMDとNVIDIAのGPUを使用してWeb動画のアップスケール再生に対応

    2023年3月9日 9:08
    microsoft edge chromium
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

  • newroom quantum hardware.rendition.intel .web .1920.1080

    量子コンピュータが実用化されるのはいつになるだろうか

  • FireShot Capture 061 Search Labs labs.google.com

    GoogleのAI統合検索がマルウェアサイトにユーザーを導いている

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

今読まれている記事