あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleは本日のGoogle Eventで、Androidの最新バージョンであるAndroid 14を発表した。Pixel 8、Pixel Watch 2、Pixel Buds Proなど他のいくつかの発表と並行して、同社はAndroid 14で利用可能な新機能についても紹介している。

Android 14 Pixel 8専用機能とカスタマイズオプション

“生成AI壁紙”は、Pixel 8シリーズに初搭載されたAndroid 14の機能のひとつであり、AIを使って、Pixel 8ユーザーがテキストプロンプトを使って壁紙を作成できるようにするものだ。Pixel 8または8 Proを所有している場合、Googleによると、あらかじめ設定された候補のリストから選択することで、自分のイメージに合った壁紙を作成できるという。他のデバイスへの展開はまだ未定だ。

Android 14では、Pixel 8シリーズ以外でも利用できる多くの改善が提供される。ロック画面の下隅にショートカットを追加できるようになった。ウォレット、カメラ、おやすみモード、ミュート、QR コード スキャナー、デバイス コントロール、Google Home アプリ、懐中電灯、ビデオ通話など、多くのショートカットが選択できる。ロック画面にはこれらのショートカットを最大2つまで追加することができる。

また、Android 14のロック画面をさらにカスタマイズするために、フォント、ウィジェット、色、フォーマットを自由に選択できる。これらのオプションは、あなたの使用状況に基づいて画面を調整するためにAIを使用している。例えば、天候が急変した場合、ロック画面の天気ウィジェットがより目立つようになる。

もちろん、あまりカラフルな物が好ましくない場合のために、Android 14には最小限の色で構成された単色のテーマが用意されている。

画像については、Android 14は10ビットHDR(別名ウルトラHDR)をサポートしている。これにより、写真はセンサーからより多くの情報を保持することができ、より鮮やかな色と強化されたコントラストを実現する。同社によると、この新しい機能強化により、写真の色が鮮やかになり、元の画質を変えることなく高精細な写真が表示されるという。

多くのアクセシビリティ関連機能も追加

Googleはまた、Android 14が弱視や難聴のユーザー向けの新機能や機能を搭載していることも発表した。同社は、Android 14の拡大鏡をより直感的なものにし、ピンチ操作で100%から拡大・縮小できるようにした。さらに、ユーザーは新しい「拡大鏡設定」パネルで拡大鏡のサイズを変更できる。そこでは、ユーザーが拡大したい画面の範囲をカスタマイズすることもできる。アプリを切り替えたときに拡大鏡が無効になるのを防ぎたい場合は、「アプリを切り替えても拡大鏡を表示する」設定が新たに追加され、有効にすることができる。

さらに、新しい「クイック設定」タイトルを使って、デバイス上のテキストのフォントサイズをすばやく変更することが出来る様になった。この機能は、小さいサイズよりも大きいサイズのフォントサイズを遅い速度で拡大する非線形フォントスケーリングによって読みやすさを向上させる。Googleによると、この機能により、すでに十分な大きさがあるテキストが必要以上に大きくなるのを防ぎ、テキストが切れたりページレイアウトが崩れたりすることなく画面を読むことができるという。

Android 14では、補聴器を接続する際に、より直感的な操作を可能にする補聴器専用のセットアップフローが追加された。また、ショートカットから補聴器のコントロールにアクセスするオプションとともに、音声を異なる出力にルーティングする簡単な方法もある。

注目すべきは、「フラッシュ通知」を有効にすることで、通知受信時に視覚的な光の点滅を得ることができる点だ。Googleは、通知音、着信音、アラートがすべてのユーザーにとって効果的ではないことを指摘し、それが新しい通知オプションを導入する理由だと述べている。

Android 14 Flash notificati.max 2000x2000.format webp

加えて、ユーザーによるデータコントロールをより詳細に行えるようになった。例えば、位置情報などをアプリに許可するよう求められると、アプリが位置情報を第三者と共有している場合に通知される。Googleによれば、アクセスを許可するかどうか、より多くの情報を得た上で判断できるようになるという。さらにAndroid 14では、デバイスのセキュリティを強化するため、6桁の暗証番号を設定することを推奨している。正しい6桁(またはそれ以上)のPINを入力すると、デバイスのロックが自動的に解除されるため、「Enter」を押す必要はなくなった。

Android 14では、ビデオ通話での自動フレームや、Google Homeコントロールへのワンタップ・アクセスなど、その他の機能も提供される。

Android 14の対応端末

Googleによると、Android 14は本日から対応するPixel端末にロールアウトされ始めている。対応デバイスは、Pixel 4a 5G以上。Pixel Tabletも端末と一緒にアップデートを受ける。

Googleによると、Android 14は今年後半にSamsung、iQOO、Nothing、OnePlus、OPPO、Realme、Sharp、Sony、Tecno、vivo、Xiaomiの端末にロールアウトされる予定だ。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする