AmazonがAIコーディングアシスタントを無料提供開始、Microsoftに対抗へ

masapoco
投稿日
2023年4月14日 5:53
Site Merch Amazon CodeWhisperer Blog

Amazonは、AIを搭載したコーディングアシスタントを個人の開発者向けに無料化し、ライバルであるMicrosoftが提供する、「GitHub Copilot」が月額10ドルで提供している分野に殴り込みをかけた。このAmazonの新しいツール「CodeWhisperer」は、利用を申し込んだすべての人に提供されるとのことだ。

Amazonは昨年、CodeWhispererをプレビュー版として発表した。開発者はVisual Studio Codeなどのさまざまな統合開発環境(IDE)内で使用でき、テキストベースのプロンプトに基づいてコード行を生成することができる。当初はAmazon Web Servicesの顧客のみが利用可能だったが、今回発表された無料プランにより、AWSを利用していない開発者でも、より利用しやすくなるはずだ。

CodeWhispererは、潜在的に偏ったコードや不公平なコード提案を自動的にフィルタリングし、オープンソースのトレーニングデータと類似したコードにフラグを付けする。また、セキュリティスキャン機能を搭載しており、開発者のコード内の脆弱性を特定し、発見されたセキュリティギャップを解消するための提案を提供することが出来る。CodeWhispererは現在、Python、Java、JavaScript、TypeScript、C#を含む複数の言語、Go、Rust、PHP、Ruby、Kotlin、C、C++、Shellスクリプト、SQL、Scalaをサポートしている。

Microsoft傘下のGitHubは、昨年6月に発表したAIツール「Copilot」でAmazonに先手を打った。このコーディングアシスタントは、同様にIDE内からコードを生成して提案するものだが、Microsoftはこのツールを学生や人気のオープンソースプロジェクトに取り組む開発者向けにのみ無料化し、その他のすべてのユーザーにはアクセスに月10ドル、または年100ドルの支払いを求めている。GoogleのDeepMindも独自のAlphaCodeツールを持っているが、まだテスト中である。

しかし、Amazonが発表したAI関連のニュースはこれだけではない。同社は、顧客企業が生成的なAIアプリを構築し、拡張するのを支援する「Bedrock」と呼ばれる新たなサービスを発表した。これには、AnthropicのClaude、Stable Diffusion、Amazon Titanなど、開発者が構築できるさまざまな基礎モデル(FM)が付属している。これにより、サードパーティは、テキストの生成、質問への回答、要約の作成などを行うAI搭載ツールを容易に作成できるようになるはずだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • new blackhole image
    次の記事

    ブラックホールの史上初の画像が機械学習によって更に鮮明に生まれ変わった

    2023年4月14日 6:35
  • 前の記事

    Amazon、「Bedrock」を発表しAIレースに参加へ

    2023年4月14日 5:42
    bedrock slide
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事