あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Amazonは、これまでで最もパワフルな最新型のFire TV Cubeを発表した。このデバイスは同社のストリーミング・プレーヤーの中で最も高性能で、価格は19,980円となる。

新しいFire TV Cubeは本日より予約受付を開始し、10月29日に出荷される予定だ。Alexaの標準的なLEDステータスバーとボリューム(およびマイクのミュート)用の物理ボタンは上部に残っていますが、AmazonはCubeの側面に布を追加して、ハードウェアをリフレッシュした。プロセッサーは新しいオクタコアチップにアップグレードされ、Amazonによると前回のFire TV Cubeより20パーセント強力になっているとのことだ。そして大きな変更は、2022年のFire TV Cubeは、ストリーミングのための帯域幅と家庭内の無線ネットワークの混雑を解消するWi-Fi 6Eにも対応することだ。

Fire TV Cube 1

新しいFire TV Cubeには、Amazonが「超解像度アップスケーリング」と呼ぶ、HDコンテンツをアップスケーリングして、ネイティブ4Kビデオに近いシャープネスとディテールを実現する機能が搭載されている。

背面のI / Oに関しては、イーサネット、USB(メディアストレージやウェブカメラの接続用)、IRエクステンダーが含まれており、対応する機器を音声で制御することも可能だ。

Amazonは、「Alexa対応音声認識リモコン Pro」 も発表した。リモコンはバックライト付きで、ブランドのショートカットボタンに加え、2つのプログラム可能なボタンを備えている。これらのボタンは、お気に入りのストリーミング・アプリに割り当てることができるが、Alexaルーチン、またはあなたが音声リモコンに向かってよく話すと思われる任意のAlexa発声にマッピングすることも可能だ。Alexa対応音声認識リモコン Proの価格は3,980円で、11月16日に発売される予定だ。

echoshow15wall

最後に、Fire TVソフトウェア体験は、Amazonのもう一つのデバイスであるEcho Show 15にも提供される。AmazonのAlexa搭載大型ディスプレイは、ビデオストリーミングやエンターテイメントに予想以上に多く利用されている。そのため、Amazonは、Fire TVのユーザーエクスペリエンスをこのデバイスに移植し、Echo Show 15を簡単にセカンドテレビやキッチンテレビとして使えるようにしようとしている。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする