Amazon、今春からEchoデバイスに「Matter-over-Thread」をサポートすると発表

masapoco
投稿日
2023年1月6日 14:34
amazon echo dot

先月、Amazonは、同社のEchoデバイス等 17機種のMatterサポート開始を明らかにした。同社は今後、段階的にMatterサポートをより推し進めていくとしていたが、今回、Amazonは今春に「Matter-over-Thread」のサポートを導入することも確認している。

The Vergeによると、CES 2023で、AmazonはMatter-over-Threadのサポートを今春にEchoデバイスに搭載することを発表した。その対応に伴い、スマートスピーカー「Echo 第4世代」をMatterコントローラーとThreadボーダールーターにするとのことだ。

Threadは、Zigbeeをベースにした無線プロトコルで、多くのスマートホームメーカーが採用している低消費電力規格だ。詳しくは以下の記事をご覧頂ければと思う。

Threadの展開に伴い、AmazonはThreadの認証情報の共有を可能にすると発表した。これにより、他メーカーの複数のボーダールーターが互いに会話できない場合、複数のThreadネットワークが作られるという問題を防ぐことができるはずだ。

資格情報共有のアップデートについて、AmazonのMatter担当シニアプロダクトマネージャーであるMatt Davidson氏は、The Vergeに次のように語っている。

資格情報の共有機能は、Alexa と開発者アプリ間の Thread 資格情報の共有を促進することで、Thread 対応スマートホームデバイス上での Matter のセットアップを簡素化します。Threadデバイスのための当社のMatterセットアップフローでは、ユーザーは、Echoデバイス(第4世代)が作成したネットワークを使用するだけでなく、家庭内の任意のThreadネットワークにThreadデバイスを接続できるようになります(Wi-Fiデバイスの任意のWi-Fiネットワークに接続する能力と同様)。

予想通り、Eコマース大手は、サーモスタット、ブラインド、センサーなど、より多くの種類のデバイスにMatterサポートを拡大することを発表した。さらにAmazonは、対応するEchoとEeroデバイスの残りのポートフォリオも、春までにMatterに対応するようアップデートすることを確認した。

最後にAmazonは、アプリやメーカーのアプリでデバイス名を変更すると、それを記憶するようにアレクサアプリがアップデートされることを明らかにした。つまり、Alexaにデバイスを追加して名前を付けると、その名前がメーカーアプリと共有されるようになる。また、iOS版のアプリも春にアップデートされ、マターリデバイスの追加に対応する予定だ。

現時点では、スマートホームの規格が数カ月前に発売されたばかりなので、市場には大量のMatterデバイスがあるわけではない。そのため、このニュースはすぐには影響しないかもしれない。しかし、利用可能なデバイスが増えれば、スマートホームを構築する際に大きな助けとなるはずだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • sub1
    次の記事

    EcoFlow、米ラスベガスで開催中の「CES 2023」にて家庭用蓄電システムとスマートデバイス3機種を初公開

    2023年1月6日 15:13
  • 前の記事

    中国の研究者が主張する量子コンピュータによるRSA暗号の解読は間違いである可能性が高そうだ

    2023年1月6日 14:08
    crypto
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • amazon anthropic

    Amazon、AIスタートアップのAnthropicに“現金”27億5千万ドルを投資

  • amazon genai seller page 1

    Amazon、他サイトのリンクをペーストするだけで商品ページを作り上げる生成AI機能を紹介

  • nuclear reactor

    Amazonが原子力発電に投資、Cumulusデータセンターを6億5000万ドルで買収

  • Amazon、“創発的能力”を有すると主張する音声言語モデル「BASE TTS」を発表

  • artificial intelligence

    米政府がAI安全コンソーシアムを立ち上げ、Google、OpenAI、Microsoft、Appleら200社以上が参加

今読まれている記事