Alphabet (Google)、2023年度第4四半期は売上高746億ドルで前年同期比7%増を記録

masapoco
投稿日 2023年7月26日 6:39
google logo image

Googleの親会社であるAlphabetは、6月30日に終了した2023年第2四半期の業績を明らかにした。売上高は746億ドルで、前年同期比7%増。純利益は183億6800万ドルで、前年同期の160億200万ドルから増加した。

Google検索の収益は426億2,800万ドルで、前年同期の406億8,900万ドルから増加した。YouTubeの広告収入は76億6500万ドルで、前年同期の73億4000万ドルから増加している。特に成長率が大きかったのはクラウド事業で、売上高は80億3100万ドルとなり、前年同期の62億7600万ドルから大きく増加した。

Alphabetはまた、第2四半期末の従業員数が18万1798人で、前年同期の17万4014人から増加したと述べた。2023年初頭、Googleは12,000人のレイオフを発表した。本日の決算発表で、Alphabetは次のように述べている:

人員削減の影響を受けた従業員の大部分は、2023年6月30日現在、当社の従業員数に含まれていない。2023年末までには、現地の法律や協議要件に従い、影響を受ける残りの従業員の大半が当社の従業員数に含まれなくなると予想している。

また、これらのレイオフに伴う退職費用は、「2023年6月30日までの6ヶ月間で総額20億ドル」に上るという。また、”グローバル・オフィス・スペースの最適化のための行動”をとっており、これは6月30日に終わる6ヶ月間で6億3,300万ドルの費用となる。

Alphabetはまた、Ruth Porat最高財務責任者(CFO)が同社で新たな職務に就くことも発表した。彼女は9月1日から、AlphabetとGoogleの社長兼最高投資責任者という新しい役職に就く。

Porat氏は引き続きAlphabetとGoogleのCFOを務める。彼女の新しい役割は、「Alphabetのその他ベット・ポートフォリオへの投資の責任者」となることで、これには、Googleファイバー・インターネットサービス、Weimo自動運転車事業などの部門が含まれる。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です