世界初の空飛ぶ車「Alef Model A」が米国で飛行認証を取得

masapoco
投稿日
2023年6月28日 16:33
Alef Aeronautics image01

世界初の空飛ぶ車が飛行認証を取得し、輸送技術の領域で重要なマイルストーンを達成した。「Model A」として知られるこの画期的な乗り物は、未来のモビリティのための革新的なソリューション開発を行うAlef Aeronauticsが開発したものである。

「Model A」は単なる空飛ぶ車ではなく、ヘリコプターのように垂直に離着陸できる完全な電気自動車であると同時に、従来の自動車のように道路を走行することもできる。この二重の機能性により、進化する電気自動車と航空技術にユニークな付加価値を与えている。

Alef Aeronauticsの旅は2015年、道路と空をシームレスに行き来できる乗り物を作るというビジョンから始まった。2016年までに、同社は初のサブスケール・プロトタイプを製作し、垂直走行と垂直離陸の両方が可能な自動車の実現可能性を実証した。この野心的なプロジェクトは、初期のTesla投資家であるベンチャーキャピタリストのTim Draperの注目を集め、300万ドルのシードマネーを獲得した。

Model Aは完全電気自動車ながら素晴らしいスペックを誇る。走行距離は200マイル(321km)、飛行距離は110マイル(177km)で、短距離と長距離の両方の移動に実用的なソリューションとなっている。そのユニークな性能は多くの人々の注目を集め、2020年10月の先行販売開始から数カ月で440台以上の予約が入った。

米国連邦航空局(FAA)によるModel Aの認証は、車両の安全性と耐空性の証である。この特別耐空証明により、Model Aは公道を合法的に飛行することができるという重要な成果を達成した。Alef Aeronauticsは2019年以来、フルサイズのプロトタイプの試験運転と試験飛行を行い、FAAの厳しい要件を満たすために車両の設計と機能性を改良してきた。

今後、Alef Aeronauticsは2025年第4四半期にModel Aの生産を開始する計画で、その後まもなく納入される見込みだ。同社はまた、2035年にデビュー予定の4人乗りセダン「Model Z」も開発している。Model Zの飛行距離は300マイル(482km)以上、走行距離は220マイル(354km)以上となり、空飛ぶクルマの可能性の限界をさらに押し広げることになる。

世界初の空飛ぶ車の認証は、Alefにとっての勝利というだけでなく、輸送業界全体にとっても重要な前進である。自動車メーカーや新興企業を含む多くの企業が独自の空飛ぶクルマやeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に取り組むなか、空飛ぶクルマの夢は現実のものとなりつつある。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ctg wind turbine
    次の記事

    世界最大となる50階建てのビルに相当する風力タービンが中国で建設

    2023年6月28日 17:02
  • 前の記事

    Microsoft、光子と電子を使ってデータを処理するアナログ光コンピューターを公開

    2023年6月28日 16:19
    DSCF4189
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • electric vehicle

    自動車会社は電気自動車の将来に悲観し始めている

  • Apple WWDC22 iOS16 CarPlay 220606

    Appleの自動運転車開発プロジェクトが終了し生成AIに注力へ

  • ethiopia

    エチオピアが内燃機関自動車を禁止する最初の国になる

  • Mercedes-Benzが人為的ミスにより驚異的な量の企業秘密やソースコードを全世界に公開してしまう

  • 639412

    Lamborghini、MITの開発した有機材料ベースの画期的な充電池技術をライセンス契約

今読まれている記事