AIは既にあなたの生活のありとあらゆる場所で使われている

The Conversation
投稿日 2024年2月13日 11:16
7bb696ae5824fd99583e2985061cdb3a

人工知能(AI)は一見どこにでもあるように見える。今、特に生成AI(Midjourney、ChatGPT、Gemini(旧Bard)などのツール)は、ハイプのピークにある。

しかし、学問分野としてのAIは、ここ数年のことではなく、もっと以前から存在している。実世界での応用となると、その多くは隠されたまま、あるいは比較的知られていない。このようなAIツールは、空想的なイメージ生成ツールに比べればはるかに光沢に欠けるが、どこにでもあるものでもある。

様々なAI技術が進歩し続けるにつれて、様々な業界でAIの利用が増えるだろう。これにはヘルスケアや消費者向け技術だけでなく、戦争などより懸念される用途も含まれる。ここでは、あまり馴染みがないかもしれないが、幅広いAIの応用例をいくつか紹介しよう。

ヘルスケアにおけるAI

健康分野では、患者の予後を改善するためにも、健康研究を進めるためにも、すでにさまざまなAIシステムが利用されている。

人工知能を搭載したコンピューター・プログラムの強みのひとつは、本当に膨大なデータセットを、人間、あるいは人間のチームでさえも、ほんのわずかな時間でふるいにかけ、分析する能力である。

例えば、AIは研究者が膨大な遺伝子データ・ライブラリを調べ上げるのに役立っている。大規模なデータセットを分析することで、遺伝学者はさまざまな病気の原因となりうる遺伝子を突き止めることができ、ひいては新たな診断検査の開発に役立てることができる

AIはまた、治療法の探索のスピードアップにも役立っている。特定の病気に対する治療法の選択とテストには長い時間がかかるため、データを精査するAIの能力を活用することは、ここでも役に立つだろう。

例えば、米国を拠点とする非営利団体Every Cureは、AIアルゴリズムを使って医療データベースを検索し、既存の薬と、それが効く可能性のある病気をマッチングさせている。このアプローチは、時間とリソースの大幅な節約を約束する。

隠れたAI

医学研究以外でも、コンピューター・サイエンスとは直接関係のない分野でもAIの恩恵を受けている。

大型ハドロン衝突型加速器のあるCERNでは、最近開発された高度なAIアルゴリズムが、実験で生成された粒子データの分析という最も困難な局面に取り組む物理学者たちを助けている。

昨年、天文学者は初めてAIアルゴリズムを使って、「潜在的に危険な」小惑星(いつか地球に衝突するかもしれない宇宙岩石)を特定した。このアルゴリズムは、現在チリに建設中のベラ・C・ルービン天文台の運用の中核となる。

私たちの生活の中で、ほとんど「隠れた」AIが使われている主要な分野のひとつが交通機関だ。世界中で何百万もの飛行機や列車がAIによって調整されている。これらのAIシステムは、スケジュールを最適化してコストを削減し、効率を最大化することを目的としている。

人工知能は、交通パターンや交通量などを分析し、それに応じて信号やシグナルを調整することで、リアルタイムの道路交通を管理することもできる。Google Mapsのようなナビゲーション・アプリも、AI最適化アルゴリズムを使ってナビゲーション・システムで最適な経路を見つける。

AIはさまざまな日用品にも搭載されている。ロボット掃除機は、AIソフトウェアを使ってすべてのセンサー入力を処理し、私たちの家を巧みにナビゲートする。

最先端の自動車はサスペンション・システムにAIを採用しており、乗客はスムーズな乗り心地を楽しむことができる。

もちろん、もっと風変わりなAIの応用にも事欠かない。数年前、英国を拠点とする醸造所のスタートアップ企業IntelligentXは、AIを使って顧客のためにカスタムビールを製造した。他の醸造所も、ビール製造の最適化にAIを活用している。

また、MIT Media Labsの「Meet the Ganimals」は「共同社会実験」であり、生成AI技術を使ってこれまでに存在しなかった新種を生み出す。

AIは武器にもなる

あまり明るい話題ではないが、AIは防衛にも多くの用途がある。使い方を間違えれば、恐ろしいことになりかねない。

例えば、一部の専門家はAIが生物兵器の製造を助ける可能性があると警告している。遺伝子配列の解析によって、専門家でなくても新型ウイルスなどの危険な病原体を簡単に作り出すことができるのだ。

活発な戦争が行われている場合、軍事大国はAIを使って戦争のシナリオや計画を設計することができる。もし大国が倫理的な配慮をすることなくそのようなツールを使用したり、あるいは自律型AI搭載兵器を配備したりすれば、壊滅的な結果を招く可能性がある。

AIはミサイル誘導システムに使用され、軍の作戦効果を最大限に高めている。また、密かに活動する潜水艦を探知するためにも使用できる。

さらに、AIはテロリスト集団の活動や動きを予測・特定するのにも使える。こうすることで、諜報機関は予防策を打ち出すことができる。この種のAIシステムは複雑な構造を持つため、リアルタイムの洞察を得るためには高い処理能力が必要となる。

生成AIが、フェイクニュースや偽情報を作り出す人々の能力をいかに高めているかについても、多くのことが語られている。これは民主主義のプロセスに影響を与え、選挙の結果を左右する可能性を秘めている。

AIは私たちの生活の中に非常に多くの形で存在しており、それを把握することは不可能に近い。その無数の応用は、私たちすべてに影響を与えるだろう。

だからこそ、倫理的で責任あるAIの利用は、適切に設計された規制とともに、これまで以上に重要なのである。そうすることで、私たちはAIの多くの恩恵を享受しながら、リスクに先んじることができるのだ。


本記事は、Niusha Shafiabady氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「AI is everywhere – including countless applications you’ve likely never heard of」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 1x robotics
    次の記事

    OpenAIが支援する1X社の人型ロボットがニューラルネットワークによる高度な動作を披露

    2024年2月15日 6:30
  • 前の記事

    任天堂の次世代機では現行Switchのゲームも遊べるかも知れない

    2024年2月13日 10:08
    erik mclean EdUYo2Y435s unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事