あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AIチャットボットはGoogleの広告収入に大打撃を与える可能性

2000年代初頭に大手検索エンジンとして台頭して以来、最も訪問者数の多いWebサイトとしてのGoogleの優位性は議論の余地がない。しかし、その地位は今、オンラインで人々の質問に答えることができるChatGPTのような新しい人工知能(AI)チャットボットの登場により、過去最大の脅威に直面している可能性がある。

Googleは、独自のAI製品を開発することで対抗している。しかし、そのチャットボット「Bard」は、最も幸先の良いスタートを切ったとは言えなかった。今月、Googleの広告で、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に関する質問に対して、Bardが不正確な回答をしたことが明らかになった。

さらに、世界で最も人気のあるWebサイトであることは、名声だけではなく、広告収入による驚くべき富を伴う。しかし、最近、テクノロジーの展望が突然変化したことで、Googleのような企業には不確実性が生じている

その成功を支えた広告収入源は、もはや当たり前のものではなくなっているかも知れない。ChatGPTのようなAIチャットボットが広告を載せ始めたら、検索エンジン広告の世界におけるGoogleの主導的地位が切り崩される可能性があるのだ。

人々のGoogleへの信頼は、しばしば疑問の余地がなく、Googleの検索結果ページの1ページ目以降をクリックしないこともあるほどだ。しかし、新しいAIプラットフォームの出現は、私たちが知っている検索は、Webサイトへの順序付けられたリンクのセットで終わる必要はないことを示した。チャットボットが示しているように、検索は会話という形をとることが出来るのだ。

このようなAIには賛否両論がある。盗作に関する問題や、さらに悪いことに、弁護士からジャーナリストまで、多くの職業の雇用と収入が失われるのではないかという懸念が提起されているのだ。

ChatGPTを開発したOpenAIの最高経営責任者は、同社がAIによって生成されたテキストを検出するためのツールを開発していると述べている。また、彼はビデオインタビューの中で、「当然のことながら、宿題への影響について非常に神経質になっている先生方の声を聞きます。また、『これは子供たち一人ひとりにとって信じられないような個人的な家庭教師だ』というような先生方の声もよく聞きます。」と述べている。

言語学者で活動家のNoam Chomsky氏は、ChatGPTのようなAIツールの利用を「学習を回避する方法」と呼んでいる。Googleのおかげで、私たちはもはや知識を思い出す必要がなく、検索すれば良いのだ。今、AIでは、返ってきた答えに疑問を持つことができるかどうかが問題になっている。

知識へのアクセスやインタラクションの方法におけるこのパラダイムシフトは、検索方法に関するこうした懸念よりもはるかに進んでおり、Googleが技術の頂点に立ち続けるのに役立ってきた収益モデルに対する疑問を投げかけているのだ。

Webへの入り口

かつて人気を博したAsk Jeeves、Lycos、Exciteなどの検索エンジンは、Googleが「検索」という言葉の代名詞となったように、インターネットの「またの名所」となった。2000年に当時人気のあったYahoo!がGoogleをデフォルトの検索エンジンとしてホストすることに合意したことで、検索エンジンの国際的な地位は確実なものとなった。

chatgpt unsplash

Webへの入り口となることで、インターネットを利用した新たな広告収入を得られるという大きなメリットもあった。Googleの検索結果には必ずスポンサー付きコンテンツが表示され、これが今日のGoogleの成長を支えている。

Googleの年間収益が年々増加し続けているのは、20年前に前述の競合他社よりも優れた検索技術を習得したからである。このサービスを広告による収入とうまく組み合わせていることが、MicrosoftのBingのような競合他社を寄せ付けない大きな理由となっている。

もし、あなたの会社や製品が検索の一部として表示されることを望むのであれば、Googleが最適な場所と言えるだろう。

同社は、Google MailやDriveといった人気の高いクラウドベースのツールのホスティングに加え、何十億もの検索クエリを処理するための大規模なインフラを構築するために広告収入を投資し、YouTubeなどのプラットフォームの買収を行った。動画共有プラットフォームは、広告収入を得るという点で、特に実りある投資であることが判明した。

Googleの規模の大きさは、その支配が続くことを意味する。しかし、広告収入がスポンサー付きコンテンツを返す新しいAIプラットフォームに流出し始めると、その規模を縮小する可能性がある。

AIの達人

Googleが今後も成功し続けるための鍵は、人工知能をマスターし、それをサービスに取り入れることだろう。しかし、少なくとも5回、ソーシャルメディアの技術を習得することに失敗している企業に保証はない。今のところ、Googleがトラフィックを処理できることは間違いなく、本当に商品を提供できるかどうかが問題なのだ。

ChatGPTのような新しい競合が、Googleのようなレベルで膨大なクエリを処理出来るかどうかについては、議論の余地があるだろう。ChatGPTは、今年初め、過剰な需要のために新しいユーザーを受け入れたり、クエリを実行したりすることができない様々な問題を抱えていたため、彼らがそうではないことが証拠となっている。

ChatGPTは、最近メディアで最も注目されているプラットフォームだ。しかし、最終的にGoogleにとって最大の頭痛の種となるのは、Bingのような既存のライバル企業かも知れない。Bingは、GoogleとBaiduに次いで世界第3位の検索エンジンだ。

その地位は、独自のAI検索を開始することで変わる可能性があり、老舗企業にとってより多くの収入を獲得できることは間違いないだろう。MicrosoftはGoogleと異なり、ソフトウェア、ハードウェア、クラウドコンピューティングにまたがる多様なビジネスモデルのおかげで、広告収入に依存することはない。

消費者・市場データサービス「Statista」によると、Googleの広告収入による収入は近年減少しているが、それでも同社の収入の8割を占めている。多くの人はGoogleを検索エンジンと考えているかもしれないが、大部分は検索を背景にして築かれた広告会社である。

この広告収入なくして、2006年のYouTube買収やモバイルプラットフォーム「Android」の開発支援など、これまでの成功の多くは達成できなかっただろう。Googleが複数のソーシャルメディアプラットフォームを立ち上げることに失敗したことは、同社の弱点を浮き彫りにし、Facebookやその親会社Metaのような企業がその巨大な収益のパイに食い込むための扉を開いてしまったのだ。

Facebookも、Bingや新しい新興企業が、新しいAI知識ツールの数々にマーケターを誘い込むことを懸念していることだろう。しかし、もしGoogleがLycosやExciteが初期の成功を築けなかったように、AI検索をマスターできなければ、私たちはGoogle検索を減らし、チャットすることが多くなるかもしれない。


本記事は、Andy Tattersall氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「AI’s threat to Google is more about advertising income than being the number one search engine」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする