あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Adobeがついに独自の画像生成AIである「Adobe Firefly」を発表した。これに伴い、同社は最初の2つのツールも合わせてリリースしている。1つは、DALL・EやMidjourneyのように、ユーザーがプロンプトを入力すると、それに即した画像が作成されるもの、もう1つは、AIを駆使して、“ワードアート”のようなスタイル化されたテキストを生成するものだ。

これは、Adobeにとって大きな発表となる。クリエイティブアプリのエコシステムの中心に位置するAdobeは、この1年間、クリエイティブ分野において、様々なニュープレイヤーが画像、ビデオ、サウンドを作成するための強力なツールをほとんど何もせずに提供し始める中、傍観していた。Adobeは、Fireflyをベータ版であるとしており、Webサイトを通じてのみ利用できるようにする予定だ。しかし最終的には、生成AIツールをPhotoshop、Illustrator、Premiereなどのクリエイティブアプリ群に緊密に統合する予定だという。正確な価格や発売予定時期などは明らかにされていない。

また、自分のコンテンツをAIトレーニングに利用されたくないユーザーは、Creative Cloudなどのサービスにアップロードした作品を、Adobeサービスがトレーニング目的で利用しないようにする設定を手動で選択することが出来る。

同時に、Adobeは、「Firefly」が人工知能サービス「Sensei」の新バージョンの一部になることも説明し、Adobe独自の大規模言語モデルをトレーニングに使用するだけでなく、現在はOpenAIの人工知能技術を組み合わせて、ユーザーが素早く作成したり、マーケティングデータ分析などのアプリケーションに役立てたりしている事を明らかにしている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする