Adobe、独自のAI画像生成ツール「Adobe Firefly」を発表

masapoco
投稿日 2023年3月22日 7:19
desktop keyvisual and gallery 1900

Adobeがついに独自の画像生成AIである「Adobe Firefly」を発表した。これに伴い、同社は最初の2つのツールも合わせてリリースしている。1つは、DALL・EやMidjourneyのように、ユーザーがプロンプトを入力すると、それに即した画像が作成されるもの、もう1つは、AIを駆使して、“ワードアート”のようなスタイル化されたテキストを生成するものだ。

これは、Adobeにとって大きな発表となる。クリエイティブアプリのエコシステムの中心に位置するAdobeは、この1年間、クリエイティブ分野において、様々なニュープレイヤーが画像、ビデオ、サウンドを作成するための強力なツールをほとんど何もせずに提供し始める中、傍観していた。Adobeは、Fireflyをベータ版であるとしており、Webサイトを通じてのみ利用できるようにする予定だ。しかし最終的には、生成AIツールをPhotoshop、Illustrator、Premiereなどのクリエイティブアプリ群に緊密に統合する予定だという。正確な価格や発売予定時期などは明らかにされていない。

また、自分のコンテンツをAIトレーニングに利用されたくないユーザーは、Creative Cloudなどのサービスにアップロードした作品を、Adobeサービスがトレーニング目的で利用しないようにする設定を手動で選択することが出来る。

同時に、Adobeは、「Firefly」が人工知能サービス「Sensei」の新バージョンの一部になることも説明し、Adobe独自の大規模言語モデルをトレーニングに使用するだけでなく、現在はOpenAIの人工知能技術を組み合わせて、ユーザーが素早く作成したり、マーケティングデータ分析などのアプリケーションに役立てたりしている事を明らかにしている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • nvidia culitho 6dd23d99 5819 4f2b 9b61 d3de4ae14765 prv
    次の記事

    NVIDIA、ASML、TSMC、SynopysがcuLithoで次世代チップ製造での40倍高速化を実現

    2023年3月22日 7:30
  • 前の記事

    Google、AIチャットボット「Bard」の公開テスト開始を発表、まずは英国と米国ユーザーから

    2023年3月22日 6:08
    FireShot Capture 081 Welcome bard.google.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事