シリコンバレーの新マニフェストが明かす、テック業界を牽引する殺伐とした危険な哲学

The Conversation
投稿日 2023年11月6日 11:27
future

1993年、Marc Andreessenはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の学部生で、米国政府出資の国立スーパーコンピューティング応用センターでも働いていた。若いソフトウェア・エンジニアであった彼は、同僚とともに、1990年代の情報スーパーハイウェイの標準となったMosaicウェブ・ブラウザを開発した。

その後、AndreessenはNetscape Communicationsの共同設立者となり、1999年に同社がAOLに43億米ドルで買収され、巨万の富を築いた。

それ以来、自身のベンチャーキャピタル会社 Andreessen Horowitzを通じて、この率直な億万長者はシリコンバレーで最も影響力のある財布のひとつとなっている。Facebook、Foursquare、Github、Lyft、Oculus、Twitterといった企業への彼の投資は、過去15年間のテック業界を決定的に形作ってきた。(彼はかつて、自身のアプローチを「帝国的で、意志を持った人々に資金を提供する」と表現した)。

こうしたことから、Andreessenが最近発表した「テクノ・オプティミスト・マニフェスト」に注目する価値がある。「私たちは騙されている」という主張で始まるこの長いブログ記事は、「テクノロジーのスーパーマンになる」というセクション、人生の意味についての考察、そして敵の長いリストを含んでいる。シリコンバレーの起業家たちの哲学を垣間見ることができる。そこでは、より多くのテクノロジーが唯一の前進への道であり、彼らが築こうとしている世界についての警告でもある。

酸欠に陥ったテクノロジー・ユートピア

1960年代にシリコンバレーが誕生して以来、シリコンバレーの推進者たちは、スチュワート・ブランドの「新しい共同体主義」からKevin KellyJohn Perry Barlowのサイバーリバタリアニズムに至るまで、テクノロジーに関するユートピア的思想を抱いてきた。1990年代、この「カリフォルニアのイデオロギー」の支持者たちは、インターネットの台頭を、テクノロジーの重要性が高まっている(そして政府の力が弱まっている)ことの証明だと考えた。

Andreesenのエッセイは、この理想が2023年にはどうなっているかを示している。テクノロジーに関するアイデアの根底にある政治的・経済的な世界観は、マニフェストの最後、「敵」のリストに最もよく表れている。

驚くべきことに、これらには「持続可能性」、「信頼と安全」、「技術倫理」、「社会的責任」が含まれている。自らを「加速主義者」と称するアンドリーセンによれば、こうした考え方がテクノロジーの進歩、ひいては人類の進歩を妨げているという。

マニフェストは民主主義を信奉していると称しているが、Andreesenが実際に主張しているのは、「経済力(金融力)、文化力(ソフトパワー)、軍事力」に基づく一種のテクノクラシーである。

これは支配のビジョンである。例えば、倫理や環境への配慮を廃止することを提案することで、Andreesenのような個人は、干渉されることなく、(税金が投入されたものも含めて)自分の発明を自由に開発し、宣伝し、利益を得ることができる。

植民地時代のビジョン

この種の世界観に類似点を見出すために、歴史を深く調べる必要はない。簡単に言えば、それは植民地主義の世界観である。植民地主義は、自然も他の人々も「成長」のために征服され、搾取されるべき領域とみなす。

Andreesenは自らの使命を、明確に植民地主義的な言葉で表現している:「未知の領域をマッピングし、ドラゴンを征服し、我々のコミュニティのために戦利品を持ち帰る」。これは、覇権をめぐる永続的な戦争において、領土を絶えず拡大しなければならないという世界観である(「我々の子孫は星々に住むだろう」)。

テクノロジーは植民地征服において重要な役割を果たしてきた。人類学者Jared Diamondの有名な「銃、病原菌、鉄」はすべて、ヨーロッパ人のアメリカ大陸征服に不可欠な技術だった。このリストに、船(奴隷船を含む)、航海計器、電信などを加えてもいいかもしれない。

Andreesenとその一派が想像する技術進歩の物語にとって非常に重要な産業革命の技術でさえも、グローバル・サウスにおける安価な労働力と市場の利用可能性と搾取によって可能になったのである。

テクノ・オプティミストの使命は、19世紀のヨーロッパ帝国やアメリカ帝国が去った後を引き継ぎ、技術的、政治的、経済的パワーを使って他の社会をいじめ、強要し、屈服させることにあるようだ。

Andreesenにとって、植民地主義と同様、こうしたことはすべて一種の社会ダーウィニズムによって支えられている。Andreesenは、「賢い人々と賢い社会が、私たちが測定できる事実上あらゆる指標において、賢くない社会を凌駕する」という進化戦争を見ている。

Andreesenは「テクノロジーは、あなたの民族、人種、宗教、国籍、性別、セクシュアリティ、政治的見解、身長、体重、髪の毛の有無など気にしない」と書いている。しかし、「アメリカとその同盟国」、「われわれの文明」について語ることは、Andreesen自身がこれらのことをかなり気にしていることを示唆している。西側諸国は、世界の技術的(そして文明的)リーダーとしての正当な地位を受け入れるべきであると彼は示唆している。

警告

これらのことから、シリコンバレーの起業家たちが、世界の他の国々や私たち(非テクノ・オプティミスト)に対して、本当は何を考えているのかが見えてくる。

私たちは、シリコンバレーの技術者たちが望む世界についての警告と受け止めるべきだ。それは確かにテクノロジーで構築された世界であるが、同時に権力、力、富を何よりも重視する世界でもある。

Andreesenが正しいのは、テクノロジーが必要だということだ。テクノロジーがなければ、地球が直面している問題の多くを解決することはできないだろう。

しかし、倫理観も価値観も良心もないテクノロジー、つまり、削ぎ落とされ、生々しく、鈍感になったテクノロジーだけが唯一の道ではない。むしろ、技術革新を支援すると同時に、民主的参加、多元主義、倫理、そして自然環境を支援する必要がある。


本記事は、氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Ancient megalodon super-predators could swallow a great white shark whole, new model reveals」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • iris image
    次の記事

    人間の網膜を完璧に模倣したインテリジェント・バイオチップが開発された

    2023年11月6日 12:15
  • 前の記事

    米原子力研究所、原子炉の効率と安全性を高めるために新たなAIパワーを活用

    2023年11月6日 11:00
    33159D55 1600x900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事