Meta、InstagramとFacebookの写真11億枚で学習された画像生成AIを発表

スポンサー広告

Metaは「Imagine with Meta」と呼ばれる新しいウェブベースのAI画像生成ツールを発表した。DALL-EやMidjourneyのような人気のあるツールと同様に、Imagine with Metaは同社のEmu画像生成拡散モデルを搭載し、テキストプロンプトから高解像度の画像を作成する。

Imagine with Metaは、一般に公開されているFacebookとInstagramの画像11億枚を使用してAIモデルを訓練し、書き込まれたプロンプトから斬新な画像をレンダリングできるようにした。以前は、同じデータを使用したMetaのこの技術バージョンは、Instagramのようなメッセージングやソーシャルネットワーキングアプリでのみ利用可能だった。

このツールは米国のユーザーには無料で提供され、プロンプト1つにつき最大4つの画像を生成する。Metaによると、このツールの目的は、これまで同様のAI生成ツールが提供されてきたメッセージング・アプリ以外で、より遊び心のある創造体験を提供することだという。

また、InstagramとMessenger 向けの新機能「Reimagine」では、友人同士がリアルタイムで互いの画像を重ね合わせることができる。一人がMeta AIの画像ジェネレーターにテキストでプロンプトを送信すると、視覚的な反応が作成される。その後、グループチャット内の他の人が画像をタッチ&ホールドして、新しいテキストプロンプトで独自のひねりを加えることができる。

これまで、Metaの画像生成ツールは、人種差別的な画像ステッカーに関する論争に直面してきた。このような問題に対処するため、MetaはImagineがMetaで生成した画像に不可視の透かしを追加し始めるという。これらの透かしはAIモデルによって生成され、対応するモデルによって検出可能で、コンテンツの透明性を高める。

今後数週間で、透明性とトレーサビリティを高めるために、imagine with Meta AIエクスペリエンスに不可視透かしを追加します。見えない透かしはディープラーニングモデルで適用されます。人間の目には知覚できないが、見えない透かしは対応するモデルで検出することができます。

さらに、Metaはチャットに直接Reelsを導入する。InstagramのReelsと同様に、これらの短い動画は、人々がテキストだけでなく、より魅力的なビジュアル形式を通してトピックを探求することを可能にする。

例えば、グループチャットで友人と東京への旅行を計画している場合、MetaのAIにおすすめの観光スポットを教えてもらい、トップスポットのReelsを共有することで、どの観光スポットが必見かを決めることができます。

新しい画像ジェネレーターに加え、MetaはAIアシスタントの改良を発表した。有名人をモチーフにしたAIキャラクターが、米国のWhatsApp、Messenger、Instagramで完全に利用可能になる。


Sources

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です