Intel CEO、NVIDIAのArm PCチップの影響は「かなり軽微」と発言

スポンサー広告

IntelのPat Gelsinger CEOは、x86アーキテクチャがArmベースのプロセッサの脅威にさらされているという主張を否定した。Gelsinger氏の発言は、NVIDIAとAMDがコンシューマー向けにArmベースのCPUをリリースする予定であること、Qualcommが次世代Arm SoCを発表たばかりであり、一部のアプリケーションと効率性においてIntelとAppleを打ち負かすことができるとしていることを受けたものである。

木曜日に行われたIntelの第3四半期決算説明会でGelsinger氏は、同社はすべての競争を真剣に受け止めているが、ArmとWindowsクライアントの代替品に関しては、「一般的に、それらはPCビジネスにおいて取るに足らない役割に追いやられている」と述べた。

「歴史は私たちの道しるべです。私たちは、これらが全体としてそれほど重要な意味を持つとは考えていません」と同氏は付け加えた。

しかし、Gelsinger氏はArmの脅威を否定する一方で、代替アーキテクチャはIntelのファウンドリ事業にとって大きなチャンスであり、Armの設計に基づくチップを製造する企業と協業できることを喜んでいると述べた。

今年4月にIntelとArmは、2024年後半に製造可能になると予想されるIntelの18Aプロセスを使用した低消費電力SoCをIntelに製造させることを、Armのライセンシーが容易にする合意で手を組んだ

今週初めの報道で、すでにAI、HPC、コンシューマー向けグラフィックスカード業界を支配しているNVIDIAが、クライアントWindows PC向けのArmベースのプロセッサを含むポートフォリオを拡大していることが明らかになった。AMDもまた、Armの設計に基づくコンシューマー向けプロセッサの製造を計画していると言われており、両社の新チップは2025年に登場する予定と言われている。

加えて、NVIDIAはMediaTekとも手を組んでおり、早ければ両社のCPUが2024年末にも登場するとの報道もある。

Microsoftとしても、Qualcommとの独占契約が終了する2025年から、他社にArmベースのシステム市場に参入するよう働きかけているという。これを受けて、Intelの株価は5%下落した。

アナリスト調査によると、ArmのPC市場シェアは現在の14%から2027年までに25%に拡大するという。


Source

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です