ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が写し出す「創造の柱」の見事な画像が公開

NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡の近赤外線撮影では、「創造の柱」が万華鏡のような色彩を放っている (Credit: NASA, ESA, CSA, STScI; Joseph DePasquale (STScI), Anton M. Koekemoer (STScI), Alyssa Pagan (STScI).)

スポンサーリンク

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)は、その期待に応え続けている。NASA長官のBill Nelson(ビル・ネルソン)氏は、この望遠鏡が打ち上げられたとき、「…圧倒的ではないにしても、途方もない宇宙の秘密が明らかにされることでしょう」と述べていた。Nelson長官の言葉は、望遠鏡の数年にわたるミッションが始まって数ヶ月経った今でも真実味を帯びている。

私たちはこれまで、このような「創造の柱」を見たことがなかった。

1990年代、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が次々と画像を送ってきたとき、私たちは驚いた。それは画期的なことで、90年代半ばにかけてインターネットが普及するにつれ、ハッブルの画像は象徴的な存在になった。ハッブル宇宙望遠鏡は「創造の柱」を複数回撮影しているが、20年近く隔てた写真に望遠鏡の改良が表れている。

p1501ay 0
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「創造の柱」の画像を、約20年の時を隔てて比較したものだ。2枚目の方が、光学的な視野が広くなっている。(Credit: NASA/ESA/STScI)

ハッブル望遠鏡が撮影した「創造の柱」は、最もよく知られた象徴的な画像の1つだ。しかし、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はハッブルを凌駕している。JWSTの画像の鮮明なディテールは、紛れもなく人を魅了するものだ。(さらに詳しく見たい場合は、150MBのバージョンをダウンロードすることが可能だ)。

stsci 01gfnr1kzzp67ffgv8y26kr0vw
(左)ハッブル宇宙望遠鏡撮影、(右)ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡撮影 (Credit: NASA, ESA, CSA, STScI; Joseph DePasquale (STScI), Anton M. Koekemoer (STScI), Alyssa Pagan (STScI).)

天の川銀河の射手座の腕の中、約5700光年の距離にあるわし星雲 (M16) の中にある「創造の柱」。星雲内には活発な星形成領域があり、高温の若い星からのまばゆい光がガスや塵に空洞を刻んでいる。

1375px Eagle nebula by Deddy Dayag 768x603 1
この画像は、わし星雲の広い構造を示している。中央に見えるのは「創造の柱」。イスラエルの砂漠から、アマチュア天文家が撮影した (Credit: By David (Deddy) Dayag – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=106472752)

この傑出したウェッブ画像は、単なる画像ではない。何よりもこの画像には科学的な価値があるのだ。この鮮明で詳細な画像によって、天文学者は新しく生まれた星をより正確に数えることができ、より良いモデルに反映させることができる。また、ガスやダストの量も以前より正確に測定できるようになり、「…星がどのように形成され、何百万年もかけてこれらの塵の雲から飛び出してくるのかをより明確に理解できるようになる」と NASA のプレスリリースでは説明されている。

PoC Webb screenshot
このスクリーンショットは、150MBのダウンロード版からのもので、ウェッブの威力を示している (Credit:  NASA, ESA, CSA, STScI; Joseph DePasquale (STScI), Anton M. Koekemoer (STScI), Alyssa Pagan (STScI).)

柱とは、新しい星が盛んに生まれている、塵やガスの巨大な集合体のことだ。若い星が形成されるとき、星はジェットから物質を放出する。その物質が周囲のガスにぶつかると、衝撃波が発生する。柱の端に見える真っ赤な波状の部分が、その衝撃波です。真っ赤な丸は、ガスの隙間をぬって出てきた若い星だ。これらの星は、生まれてからまだ数十万年しか経っていない、恒星から見ればほんの赤子のような存在だ。

多くの星が生まれるので「創造の柱」と呼ばれているが、正確には「破壊の柱」と呼ぶべきかもしれないという説もある。「私は、これらの構造がいかに一過性のものであるかに感銘を受けています。目の前でどんどん削られていく。柱の周囲に青白く見えるのは、物質が熱せられ、宇宙空間に蒸発していく様子です。私たちは、これらの星の進化における非常にユニークで短命な瞬間をとらえました」と、アリゾナ州立大学テンピ校のPaul Scowen(ポール・スコウエン)教授は説明している。Scowen氏は、M16の最初のハッブル観測を主導した天文学者の一人だ。

「これらの柱は、非常にダイナミックで活発なプロセスを表しています。ガスが受動的に加熱され、静かに宇宙空間に漂っているのではありません。ガス柱は実際に電離されています。これは、大質量の星からの放射線によって、原子から電子が剥ぎ取られ、加熱される過程です。そして、星の強い風と荷電粒子によって侵食され、ガス柱の頂上は文字通り砂に覆われているのです。」と、Scowen 氏は述べている。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、計画されている10年のミッションのうち、わずか数カ月しか経過していない。しかし、ミッション担当者は、この望遠鏡が20年続くと予想している。ハッブル宇宙望遠鏡と同様、私たちは数十年にわたり、感動的な画像を安定して得ることができるのだ。

この記事は、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA