Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

Snapdragon 8 Gen 2 CPUのコア構成とクロック周波数の詳細がリーク

Qualcommの次期Snapdragon 8 Gen 2に属するCPUクラスタは、現世代のSnapdragon 8+ Gen 1やSnapdragon 8 Gen 1とは大きく異なるだろうという情報が以前よりあった

リーク元のDigitalChatStation氏によると、「Cortex-X3コア x 1、Cortex-A720コア x 2、Cortex-A710コア x 2、そしてCortex-A510コア x 3」になるとのことだが、今回別の情報筋からも更に詳しい情報がもたらされた。

Ice Universe氏が以下のツイートで、このチップセットがSnapdragon 8 Plus Gen 1やA16 Bionicに採用されたTSMCの4nmプロセスで製造されるとも述べている

Ice universe氏によると、各コアは以下の通りだ。

  • 3.20GHz動作のCortex-X3コア×1
  • 2.80GHz動作のCortex-A715コア×2
  • 2.80GHz動作のCortex-A710コア×2
  • 2.00GHz動作のCortex-A510×3

少し前にARMは新しいCPUデザインを発表し、その中にはCortex-X3、Cortex-A715、Cortex-A510が含まれていたので、Ice Universeによると、Snapdragon 8 Gen 2には以前のCPUデザインの2コアだけが使われ、残り2つはまったく新しいコアになり、電力効率の改善につながる可能性がありそうだ。また、このチップセットの別モデルが登場するという噂もあり、一部のかさばるゲーミング端末のような精巧な冷却ソリューションを持たない、価格の安いスマートフォンモデルに搭載される可能性もあるという。。

以前公開された情報では、Snapdragon 8 Gen 2のCortex-X3コアの最高クロックは3.50GHzでテストされたとされていた。リークではGPUのモデル名には触れていないが、NPU(Neural Processing Unit)、ISP(Image Signal Processor)、グラフィックプロセッサが大幅に向上しているとのことである。これは、NPU、ISP、GPUがどのチップセットと比較されているのか分からないため、曖昧な表現ではあるが、これらの「改善」がSnapdragon 8+ Gen 1に比較してと見ることが出来るだろう。

Qualcommは、次期Snapdragon Summitでこの新たなフラッグシップチップを発表すると見られる。そしてそれは、あと1か月足らずだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする