サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

世界で大ヒットしたSF小説『三体』をNetflixが映画化、2023年に放映開始予定

Netflixは、本日開催されたTudumイベントで劉慈欣氏原作の小説『三体』の待望の映画化に関する最新情報を明らかにした。この映画化の話題は、『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロデューサー、デイヴィッド・ベニオフD.B.ワイスによる実写シリーズとして、2020年に初めて発表された。今回の発表で、この『三体』が、2023年中に登場する予定であることが明かされた。また、合わせてキャラクターのショットと、舞台裏のいくつかの写真を紹介している。

出演が決まっている俳優には、『オデッセイ』『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・ウォン、『ベイビー・ドライバー』のエイザ・ゴンサレス、さらに『ゲーム・オブ・スローンズ』で有名なジョン・ブラッドリーリアム・カニンガムなどが名を連ねる。現代SFの傑作と言われる『三体』は、2008年に中国で初めて出版され、その後、世界中で翻訳され、話題をさらった。Facebook共同創業者マーク・ザッカーバーグ氏、バラク・オバマ元米大統領、ジェームズ・キャメロン監督が賛辞をおくり、15年には翻訳書&アジア圏の作品として初のヒューゴー賞長編部門(第73回)に輝いている。日本では19年7月4日に第1作「三体」の翻訳版(早川書房)が刊行され、ゲームクリエイターの小島秀夫氏ら多くの著名人が絶賛していた。

Netflixは2019年にベニオフとワイスと2億ドルという高額な契約を結んだ。『三体』は、この2人が同社のために執筆する最初のプロジェクトだ。Netflixは今後数カ月のうちに、『三体』に関するより多くの情報を共有することになりそうだ。

著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:ワン チャイ, 監修:立原 透耶

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする