Appleのアプリ価格とアプリ内課金が10月5日より33%アップの大幅値上げ

Appleが、日本を初めとしたいくつかの国で、近々App Storeの課金価格を引き上げると開発者に通知していることが分かった。

値上げされるのは日本、そしてユーロを扱う全てのヨーロッパ諸国、チリ、エジプト、マレーシア、パキスタン、ポーランド、韓国、スウェーデン、ベトナムとのことだ。

この変更は早ければ2022年10月5日に実施され、アプリとアプリ内課金の価格を含むが、自動更新可能なサブスクリプションは除外される

リリースノートでは、具体的な金額が書かれているが、日本については今まで課金の基本単位は120円からだったが、これが基本単位160円に値上げされている。およそ33%の上げ幅だ。

値上げが行われると、AppleはMy AppsのPricing and Availabilityのセクションを更新する。デベロッパーは、適切と判断した場合、アプリとアプリ内課金の価格を変更することができるようになる。

FireShot Capture 138 developer.apple .com

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする