iPhone 14 海外レビューまとめ – 進化の少ない点に概ね厳しい評価

今年9月のApple新製品発表イベント「Far out.」では、大きく変わった製品とほとんど変わらない製品の2極化が進んでいるが、後者にベーシックモデルiPhoneがある。iPhone 14シリーズでは、Proモデルとの差別化がより進み、「どこが変わったの?」レベルになってしまった標準モデルのiPhone 14だが、もちろん細かく見てみると一応変わった点もある(いくら大げさに宣伝するAppleでも、さすがに全く変化のない物をバージョンアップ版としては出さないだろう)

今回あまり変化のないiPhone 14について、やはり海外でも注目度は低いのか、Proモデルに比べるとレビュー記事が少ない。そして、厳しい評価も多いが、それは逆に率直な意見が聞けると言うことでもあり、参考になる面もあると思うので、ご紹介しよう。

カメラについて

iPhone 14で変わったと言える部分の一つがカメラだろう。しかしその変化は決して大きい物ではない。

実際、Endgadgetによるテストでも、前世代機とほとんど見分けが付かないとのことだ。

しかし、前世代と比べると、今年のカメラは大きな進化を遂げていません。iPhone 14とiPhone 13で撮影した写真は、とてもよく似ていました。テーブルの上に置かれた毛皮のクマのぬいぐるみは、iPhone 13の写真よりもiPhone 14の写真の方がわずかに涼しげで、その毛皮の手足は新しい携帯電話の写真の方がわずかに鮮明に写っています。

ただし、画素ピッチの大きくなったセンサーと新しい「Photonic Engine」のおかげで、低照度下での撮影結果には進化が見られるとのこと。また、自撮りカメラも改善が見られるとのことだ。ただ、Photonic Engineの影響なのか、一部彩度が低い撮影結果が得られることがあるようで、これは、他社のレビューでも述べられていた。

暗い場所では、リアカメラで撮影した写真のハイライトや髪の一本一本といったディテールを見せるのに、iPhone 14の方がわずかに優れています。しかし、それ以外の明るさや色合いなどは、iPhone 14と前モデルとでほぼ同じでした。暗い場所で撮影したお酒のグラスのポートレートも、ラベルがなければ識別できないほど似ています。しかし、不思議なことに、iPhone 14は彩度の低い写真を撮ることがあります。

iPhone 14は、低光量での自撮りがマイルドに改善されました。オートフォーカスは今年の新機能ですが、私の写真を劇的に良くするものではありませんでした。頬の傷跡のような細部は、新しい携帯電話からの低光量セルフィーでより明確であったが、2つのデバイスは、日中の光で同等であった.

The Vergeによると、カメラはセンサーの大型化、Photonic Engineにより低照度下でのISO感度を低く抑えられることから、ノイズを抑えられるようだ。

あらゆる条件でサンプルを並べて撮影した結果、iPhone 14の低照度画像は13よりも少し精細になっていることを報告できますが、フォトニックエンジンが大きく関係しているとは思えません。多くの場合、14は、より大きなセンサーのおかげで、13よりも低いISOを使用することができます。ノイズが少ない分、ディテールが際立ち、低照度の写真の色もより正確になります。これはフォトニックエンジンのおかげかもしれませんし、古き良き物理学のおかげかもしれません。

13と14で自撮り写真とウルトラワイド写真を並べてみると、その差はより明らかです。暗い場所では、14のウルトラワイド写真は水彩画のように見えなくなり、自分撮りの写真はより詳細で、より良い肌色表現になっています。また、フェリーの船首に立ち、前面カメラで撮影した写真では、iPhone 14はシャープな写真が撮れましたが、iPhone 13はなかなかうまくいきませんでした。

The Verge

The Washington Postのレビューでは、様々なデバイスとの画質の比較が掲載されており参考になるだろう。

imrs
(Image Credits: Chris Velazco/The Washington Post)
imrs 1
(Image Credits: Chris Velazco/The Washington Post)

ちなみに、“ジンバルが不要になる”と大騒ぎしていた「アクションモード」だが、元々の手ぶれ補正が既にかなり強力なので、あまり効果は感じないとのこと。

iPhone 14は、ビデオの手ぶれ補正を改善するための新しいアクションモードも備えていますが、今年の他のアップデートのほとんどと同様、これはわずかな強化しか提供しません。これは、Appleのビデオの手ぶれ補正がすでにかなり効果的で、アクションモードがもたらす恩恵がそれほど明白でないことも理由の一つです。しかし、iPhone 14で手ぶれの激しい映像を撮影するのであれば、アクションモードは便利なはずです。

Endgadget

また、アクションモードについては、The Vergeによると明るい屋外での利用が最適とのことだ。

また、動画撮影では「アクションモード」という新しい手ぶれ補正モードがあり、より激しい動きにも対応できるような補正が施されています。そして、試行錯誤してわかったのですが、これは明るい屋外での使用を前提に設計されています。それ以下では、カメラが文句を言い、映像がひどく滲んで見えるのです。あなたが家の中であなたの幼児を追いかけているとき、それは最良の選択肢ではありません。

The Verge

その他

ディスプレイは少し明るくなったが、差は分からないレベルとのこと。それよりも、やはりリフレッシュレートが未だ60Hzであることは、Proとの大きな差となっている。

AppleがいまだにiPhone 14のスクリーンをアップグレードしていないことに、私はちょっと憤慨しています。2,532 x 1,170で、たったの60Hz。どうしたんだ?前世代は、その遅いリフレッシュレートですでにひどく時代遅れだった。iPhone 14と14 Proを切り替えてみると、通常の携帯電話ではスクロールが非常にぎこちなくなっていることにすぐに気づきます。

Endgadget

iPhone 14の画面は、13と全く変わりません。同じディスプレイだからです。それはまだ6.1インチのOLEDで、解像度は1080pより少し優れています(Appleに精通している場合はSuper Retina XDR)、標準の60Hzのリフレッシュレートを備えています。良い画面ですが、競合他社はここで Apple を周回しています。フラッグシップ クラスから 350 ドルのSamsung A53 5Gまでの Android フォンは、 120Hz のリフレッシュ レートの画面を採用しています。これは契約を破るものではありませんが、標準の iPhone の更新が遅れているように感じる領域です。非常に滑らかな 120Hz ProMotion ディスプレイを使用するには、Pro モデルを購入する必要があります。

The Verge

また、デザインは変わっていないが作り自体は変わっており、修理がしやすくなっていることは評価できるようだ。

外観はあまり変わっていませんが、Appleは先週の「Far Out」イベントで、iPhone 14の内部を再設計し、アルミニウムの筐体と背面のガラスを分離して、もはや一つの筐体でなくしたと発言しました。これは、より効率的な熱放散と修理性の向上という2つのメリットをもたらします。iPhone 14の背面ガラスにひびが入っても、もう筐体全体を交換する必要はありません。これにより、壊れたiPhoneを修理するのが簡単になるだけでなく、特に保証期間外であれば、より安価に修理することができます。もちろん、これを試すために私のレビューユニットを破壊するのは意味がありませんが、それはともかく歓迎すべき変化です。

Endgadget

正直その他には目立った改善点はないだろう。通信衛星によるSOS機能があるとは言っても、日本はまだ対象外だ。

交通事故検出機能は面白い試みだが、実際に事故に遭うことも出来ないのでテストは難しい。これらは、出来れば使いたくない機能だが、緊急時には確実に動いてほしいものだ。

総括

総じて、iPhone 13ユーザーならば、これはアップグレードするには値しないとの評価だ。ただ、これは発表の段階で見てみても納得の結果だろう。デザインも変わらず、機能もほぼ変化がないのならば、現在なら安く売っているiPhone 13を選ぶという選択肢も十分ありだし、既にiPhone 13を使っているならばそれから乗り換えるほどではないと言うことだ。もし乗り換えたいのならば、ここ数年で最大のアップデートとなったPro一択だろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする