Adobe が Figma を200億ドルで買収と発表

Adobeは、人気のデザインプラットフォームであるFigmaを、約200億ドルで買収すると発表した。木曜日の早朝に買収の可能性に関する噂が浮上していたが、Adobeはこれを受けてかプレスリリースで公式に発表した。特にFigmaは近年、AdobeのXD製品と激しく競合していたため、デザイン・開発の世界では大きなニュースとなっている。

「AdobeとFigmaが一緒になることで、創造性と生産性の未来を再構築し、Web上での創造性を加速させ、製品デザインを進化させ、クリエイター、デザイナー、開発者のグローバルコミュニティを刺激していきます。統合された会社は、巨大で急成長する市場機会と、顧客、株主、業界にとって大きな価値を推進する能力を持つことになるでしょう。」とAdobeは述べている。

Figmaは10年前にDylan FieldとEvan Wallaceによって設立された。Figmaは複数人で同時にアプリやウェブページのプロトタイプを作成したり、アイデアを共有したりできるデザイン管理ツールだ。このコラボレーションデザインプラットフォームは近年、多くの企業にとって重要なものとなっている。例えば、Microsoftでは、何千人ものデザイナーと開発者が、OfficeやWindowsなどを構築するために毎日Figmaを利用している。

Adobeは現在、自社のコミュニティとFigmaを組み合わせることを計画しており、将来的にはFigmaの製品やサービスをAdobe Creative Suiteにバンドルすることになるのだろう。

それまでは、Figmaはとりあえず現状維持となる。Figmaの共同設立者兼CEOであるDylan Field氏は、「我々は、Figmaをこれまでと同じように運営し続けるつもりだ-我々のコミュニティ、文化、ビジネスにとって最善だと信じることをやり続けるのだ。」と述べている。

Figmaはまた、Adobeの3D、ビデオ、ベクター、画像、フォントに関する専門知識を活用し、Web上の製品デザインを大幅に改善したいと考えている。Field氏は、統合された会社は、「顧客がより速く、より簡単に製品をデザインできるようにするための新しいツールとスペースを構築する」と述べている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする