4,000年前の謎の文字体系が解読された可能性

(Credit: Metropolitan Museum of Art)

スポンサーリンク

紀元前2300年から紀元前1800年にかけて、現在のイラン南部で使われていた謎の古代文字「エラム線文字」は、これまで4,000年もの長い間、解読がされていなかったが、この度フランスの考古学者によってついに解読された可能性が出てきた。

ただし、資料となった出土品の出所に違法性があるかどうかで揉めているようだ。

テヘラン大学の考古学者で、フランス国立科学研究センター (CNRS) のFrançois Desset氏らのチームは、エラム線文字の多くの記号を含む8つの銀のカップを解読の基礎として使用し、この古代文字を部分的に解読したとしている。

Desset氏は、最近DWにこう語っている。「このカップは長い間、個人の収集家が所有していたもので、研究者に公開されたのはごく最近のことです。」

約120年間、「エラム線文字」と呼ばれる文字の枠組みは、不明瞭なものとして捉えられていた。

このエラム線文字は、1903年にフランスの考古学者がイラン南西部の都市スーサで古代遺跡を発掘した際に初めて発見したとのことだ。

研究者たちはすぐに、この言語がメソポタミアの楔形文字、エジプトの象形文字、インダス文字と並んで、人類が知る最古の4つの文字のうちの1つであることに気がついた。エラム文明は紀元前3千年後半から2千年初頭の青銅器時代にこの文字を使っていた。

ユネスコの世界遺産に登録されているスーサは、かつてエラム帝国の首都であり、その後、紀元前522年からアケメネス朝の王ダリウス1世とその後継者の行政首都であった。

しかし、発見以来、いくつかの文字だけが明確に解釈できただけで、専門家もその読み方や意味を理解できなかった。

研究者たちは、エラム語の文字が表音文字表語文字が混ざったものだと考えていた。

表音文字は個々の文字と音節で構成され、音声を表現する。単語を表す表語文字は、数字の「1」が「1」を表すように、単語全体を表す。

「分析の結果、エラム語の文字が純粋な表音文字であることがわかりました。このことは、この種のものとしては世界最古のものであり、文字の進化全体に対する我々の見方を変えるものです」と、Desset氏は言う。

ただし、この発見については、様々な意見がある。「明確な証拠が提供されるまでは、エラム線文字の解読は完全ではありません。今のところ、既知の発音を持つ文字は15個、もっともらしいと思われる文字は19個しかないのです。」と、ベルン大学の言語学者であり、スイスのアリス・コバー古代文字解読協会の科学部長であるMichael Mader氏はDWに対して述べている。

「Desset氏の研究によって、さらに多くの文字が候補に加えられるかもしれません。しかし、すべての文字の機能と発音がわかるまでは、確かなことはわからないのです。」とMader氏は述べている。

Mader氏はまた、このスクリプトが純粋に音韻論的であるというDesset氏の声明に “かなりの疑問 “を抱いている。「数学的な分析によれば、エラム語の文字体系は70%しか表音文字で構成されていない。残りは表語文字です。」

screenshot 2022 08 01 at 111601 am
エラム語の音訳の基礎となる72個のアルファ音節記号のグリッド。各符号には最も一般的な図形バリエーションが示されている。青字はイラン南西部、赤字はイラン南東部で確認されている。黒文字は両地域に共通である。(Credit: F. Desset)

Live Scienceは、この研究に関係のない他のいくつかの情報源にも連絡を取り、この論文についての意見を求めたが、ほとんどの人はコメントを控えるか、返答がなかったとのことだ。しかし、オックスフォード大学のアッシリ学教授であるJacob Dahl氏は、チームが解読に成功したかどうかはわからないと述べている。

10月にはノルウェーで古代文字システムの専門家が集まり、この発見について議論する予定である。

また、この8つのエラム語の碑文がどこから来たのか、専門家の間でもはっきりとはわかっていない。7つはコレクターのHoushang Mahboubian氏のコレクションで、もう1つはノルウェーのビジネスマンでコレクターでもあるMartin Schøyen氏のコレクションである。Schøyen氏のコレクションには、コレクションを管理するスタッフがいて、定期的に学者と共同研究を行っている。

Schøyen氏が所有する碑文と、Schøyen氏のコレクションに含まれる数百の遺物は、2021年8月24日にノルウェー警察によって押収されている。オスロ文化歴史博物館が3月に発表した報告書では、Schøyen氏は「イランから合法的に持ち出したという文書を提出せず、それ以外の証拠は現代の略奪、密輸、不法取引を示している」とし、エラム線文字の遺物をどうするかイラン当局に相談するよう勧告している。

また、エラム文字が刻まれた遺物が最近密輸されたものであるという見解については、「全く根拠がない」と批判している。同コレクションは、エラム語の線形碑文はイランの古代都市スーサのものだと考えている。

オスロにある法律事務所GlittertindでSchøyenの代理人を務めるCato Schiøtz弁護士は、Live Scienceに対して、「私が弁護士として活動してきた40年以上の間に、膨大な数の報告書を読んできました。これほど恥ずかしくなるほど弱い[報告書]は見たことがありません。」と述べている。また、コレクションの広報担当者は、Live Scienceに、エラム線文字の遺物は現在押収されているが、「誤って押収されたもので、返却される見込みである」と述べている。

一方、Mahboubianコレクションの遺物の起源は正確には明らかではないと、研究チームは新しい論文に書いている。イランに掲載された2018年の論文で、Desset氏は、「Mahboubianは、イランのカムフィルーズ市とベイザ市で1922年と1924年に父親のBenjamin Abol Ghassem Mahboubianが行った発掘調査で出土したものだと話している。」と述べている。Mahboubian氏は、論文に掲載された座標をLive Scienceに提供している。

Live ScienceがGoogle Earthで座標を調べたところ、現在、Kam-Firouzの街は一方の敷地を部分的に覆い、Beyzaの街はもう一方を完全に覆っていることがわかった。2018年の論文でDesset氏は、Mahboubian氏が、1970年以前にヨーロッパに輸出された遺物だと話したと書いている。

Mahboubianのコレクションの遺物に対して行われた金属学的・化学的分析では、偽造の証拠は見つからなかったと、2018年の別の研究で明らかになった。遺物のパティナ(特定の環境や物質に長期間さらされたときに遺物に形成される膜)は、遺物が土に埋まっていたことを示し、本物であることを示唆するものだった。また、出土品の製造工程や銀と他の金属の比率からも、真正品であることがわかっている。この結果、「古代の遺物であり、現代の巧妙な贋作ではない」と技術チームは論文に書いている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA