Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

Appleが開発者向けクラウドサービス「Xcode Cloud」にてサブスクリプションプランの提供を開始

Appleは、1年以上のプライベートベータテストを行った後、2022年6月に「Xcode Cloud」の提供を開始していた。

これまでは25時間分の無料利用枠の提供のみだったが、8月30日から、より多くの時間数での利用が可能となる月額サブスクリプションの提供を開始している。

Xcode Cloudは、開発者が自動テストやその他のタスクをクラウド上で実行し、開発プロセスを加速させるためのプラットフォームだ。このプラットフォームはWWDC 2021で初めて発表され、最初の1年間は招待された開発者のみがXcode Cloudを契約することができていた。

WWDC 2022で、Appleはすべての開発者向けにXcode Cloudへのアクセスを拡大したが、1ヶ月あたり25時間分のコンピューティング時間を提供する無料プランの提供に限られていた。8月30日より、開発者は必要な場合に、より多くのコンピューティング時間を購入するために、上位のプランにアップグレードすることができるようになった。

現在、Xcodeでワークフローを構成して始めると、2023年末まで毎月25時間分のコンピューティング時間を無償で受け取ることができる。

無料期間終了後は、月額14.99ドル(約2,000円)になる予定だ。そのほかのプランは、月間100時間で月額49.99ドル(約7,000円)、250時間で月額99.99ドル(約14,000円)、1,000時間で月額399.99ドル(約56,000円)となっている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする