2040年の電気自動車をイメージした、ぶっ飛びすぎなデザインのデロリアン「オメガ」が公開

DeLorean Motor Companyが、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、新しいコンセプトカー「Omega」を公開した。

Delorean Omega 2

Omegaは、Deloreanが考える、18年後のマシンの姿だ。2040年の世界では、サイドウィンドウが廃止され、ドライバーも乗客も横から景色を楽しむことが出来ない世界になるようだが、おそらくこれは安全対策なのだろう。

Delorean Omega 1

リアウィンドウは六角形、フロントはガラスでできたヘッドライトと一体化している。タイヤは、ホイールの側面からハブまでゴムの質感を表現したものだ。

Delorean Omega 5

サスペンションはフラットでむき出し、ホイールとの接続部も見えない。後端はフロントと同様、ワイルドなフィン付きガラス製テールライトと、後方に伸びる極薄のループ状のリアボディ特徴的だ。泥よけややホイールアーチの類いはない。

Delorean Omega 3

Deloreanは、このOmegaのコンセプトを3Dレンダリングの段階から進める価値があると判断し、ペブルビーチで走らせるところまでこぎつけた。実際に商用化されるかは未知数だが、彼らの挑戦にはこれからも目が離せないだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする