Samsungが55インチの曲面巨大ゲーミングモニター「Odyssey Ark」を販売開始

CES 2022で初披露されたSamsungの巨大なミニLEDゲーミングモニター「Odyssey Ark」が正式に発売となった。現在、米国を含む一部の市場で予約受付が開始されている。価格は3,499.99米ドル(468,000円)とかなりお高い設定だ

Odyssey Ark PR dl4

Odyssey Arkは、55インチの4K ミニLEDパネルを搭載し、165Hzの可変リフレッシュレート、16:9のアスペクト比、1000Rの曲率となっている。1,056のローカルディミングゾーンと14bitプロセッシングを搭載しており、黒レベル16,384、スタティックコントラスト比1,000,000:1を実現した。また、GtGの応答速度は1msで、AMD FreeSync Premium Proに対応している。

SamsungはこのモニターをQuantum HDR 2000と表記しており、これは一部の状況で最大2,000ニトのピーク輝度を実現できることを意味している。ただし、通常時の最大輝度は600ニトに留まる。

Odyssey Ark PR dl2

フレキシブルスタンドが付いており、縦置きでの表示も可能だ。Samsungはこれを「コックピットモード」と呼んでいる。Odyssey Arkは3つの仮想モニターを縦に重ねて表示できるので、3つのウィンドウを切り替えることなく使うことができるとのことだ。また、スタンドはチルトとスウィーベルに対応している。さらに、3つのVESAウォールマウントが用意されている。それぞれ、200×200、300×300、400×400の3種類だ。

内蔵スピーカーにもこだわりがあり、Odyssey Arkは、4つのスピーカーと2つのウーファーを搭載している。スピーカー出力は60Wで、周波数特性は45Hzから20KHzまで対応し、低音も十分に出るとのことだ。

Odyssey Ark PR dl8

Odyssey Arkには、「Flex Move Screen」機能が搭載されている。これは、27インチから55インチの間で画像サイズを調整し、16:9、21:9、32:9の間でアスペクト比を変更することができる。また、「Ark Dial」という、コントローラーが付属し、これによって様々な設定を素早く操作することが出来る。Ark Dialはソーラーパネルが搭載されており、これによって充電も可能な上、また、USB Type-Cケーブルを使って充電することも可能だ。

また、4つのHDMI 2.1入力、2つのUSB 2.0ダウンストリームポート、1つのUSB Type-Bアップストリームポート、光学ポート、およびイーサネットポートを備えたOne Connect Boxを使ってデバイスと接続される。

Odyssey Ark PR dl3

Odyssey Arkモニターは、SamsungのスマートTVやSmart Monitorのラインナップと同様にTizen OSを搭載しており、多くのオーディオやビデオストリーミングのアプリにアクセスできる。また、Amazon Luna、Google Stadia、Microsoft Xbox、Nvidia GeForce Now、Utomikなど、さまざまなクラウドゲームストリーミングプラットフォームに対応しているとのことだ。

その他、フレームレート、リフレッシュレート、HDR、VRRなど、多くの情報を表示するGame Barも搭載。Alexa、SmartThings、Samsung Game Hubのサポートもあるという。

モデル名G97NB
画面サイズ55インチ
フラット / カーブ1000R 曲面ディスプレイ
アスペクト比16:9
プロセッサNeural Quantum Processor Ultra
マット加工あり
バックライトユニットQuantum Mini LED (ローカル調光)
HDR(ハイダイナミックレンジ)Quantum HDR 2000
コントラスト比(静的)1,000,000 : 1
解像度3,840×2,160
反応時間1ms (GTG)
リフレッシュレート最大165Hz
VRRFreeSync プレミアム プロ
サムスン ゲーミング ハブ対応
その他アークダイヤル、フレックスムーブスクリーン、マルチビュー、ゲームバー、ゲームモード
オートソーススイッチ 対応
アイセーバーモード対応
フリッカーフリー対応
Adaptive Picture対応
Off Timer Plus対応
サウンド出力60W
チャネル2.2.2ch(スピーカー4台、ウーファー2台)
周波数応答45Hz~20KHz
ドルビーアトモス対応
HDMIHDMI 2.1 (4EA)、HDMI-CEC
ランポートRJ45 (1EA)
スタンドタイプ高さ調節可能なスタンド (HAS)
チルト機能あり
ピボットあり(コックピットモード)
ウォールマウントあり(200×200、300×300、400×400)

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする