iOS 16のコード内に「常時表示機能」のヒントが見つかる – iPhone 14 Proに実装か?

© Apple

WWDC 2022で発表された、AppleのiPhone向け「iOS 16」では、ロック画面に過去最大の変更が加えら、大きく使い勝手が変わっている。そして新しいロック画面は、「常時表示機能」でこそ、その利点が活かされると見られているが、その常時表示機能について、iOS 16のソースコードから実装へのヒントが発見されたとのことだ。

この記事の要点
  • iOS 16のソースコードを解析したところ、常時表示機能への言及が発見された。
  • Appleのエンジニアは、iPhone 13 Proモデルでこの機能を試すことが出来た可能性。
  • リフレッシュレートの問題から、この機能の解放はiPhone 14 Proモデルに限られる。

iPhone 14 Proモデルへの常時表示機能追加を裏付ける可能性

9to5Macがソースコードを解析した所、iOS 16には、iPhoneのディスプレイバックライト管理に関連する3つの新しいフレームワークが追加されていた。そして、そのフレームワークのそれぞれに、常時表示機能への言及が含まれていたとのことだ。

また、9to5Macが発見したフレームワークは、すべて、ロックスクリーンを含むiOSの異なるコンポーネントで使用されていたとのことだ。さらに、iPhoneのロック画面(およびホーム画面)を管理しているSpringboardの中に、常時表示への言及が複数あったとのことで、常時表示機能の追加が現実味を帯びてきたのではないだろうか。

これらの常時表示機能は、Apple Watchの既存の常時表示機能を参照して追加された可能性もありそうだが、Apple WatchはSpringboardを使用していないこともあり、そうではなさそうだ。

また、iOS 16には隠されたフラグがあり、Appleのエンジニアはそれを使って、サポートされていないデバイスであっても常時接続機能を有効にすることができるとのこと。つまり、Appleのエンジニアは、今年後半のiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxでの機能開始に先立ち、iPhone 13 Proで常時表示機能をテストすることができるようだ。

だが、あくまでiPhone 13 Proでの常時表示機能は「テスト」に留まり、この機能が実際にiPhone 13 Proモデルに拡張されることはなさそうだ。その理由は、ディスプレイのリフレッシュレートにある。

現在常時表示機能を実現しているデバイス、例えばApple WatchやGalaxy S22などは、可変リフレッシュレートディスプレイである点はiPhone 13 Proモデルと共通するが、そのリフレッシュレートの下限が「1Hz」なのだ。対して、iPhone 13 Proは「10Hz」になる。この差は大きく、もしこのままiPhone 13 Proモデルに常時表示機能を解放した場合、バッテリー持続時間に大きな影響が考えられる。

iPhone 14 Proモデルでは、ディスプレイのリフレッシュレートの下限が1Hzになるとの噂があり、これによって常時表示機能を実現しつつもバッテリー消費への影響を最小限に抑えることが可能になるのだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする