iOS 15.4の新機能「マスク着用時にFace IDを使用する」を試してみた

マスク着用時にFace IDを使用する

iPhone Xから導入された顔認証「Face ID」は、それまであった指紋認証の「Touch ID」よりも高速で動作してくれて、本来とても便利なはずなのだが、コロナ禍でマスクをしたままである事が多い状況では使い物にならない事が多く、結局パスコードを入力する事になり、FaceIDへの不満が募る日々が続いていた。

そんな中、3月15日にリリースされたiOS15.4では、マスクしたままでもFace IDが使える新機能が搭載するとのこと!

実際の所使い物になるのか?マスクなしとどの程度違うのか等など、実際に使ってみての感想を書いてみた。

iOS15.4の新機能!マスク着用時でもiPhoneのロック解除が可能になる

対象はiPhone 12以降の機種に限る

まず大前提として、マスクしたままでもFace IDが作用するのは「iPhone 12」以降の機種に限定されることに注意が必要だ。

これはFace IDで顔認証をする際に使用される機械学習用のNeural Engineの性能が関係しているため。その為、iPhone 12よりも前の機種を使っている方は残念ながら出来ないことをご了承頂きたい。

マスクをした状態でFace IDを有効にするには

iOSを最新の15.4にバージョンアップすると、新機能のアナウンスと共に、「マスク着用時にFace IDを使用する」という案内が出るので、新機能を使う場合はアナウンスに従って設定すれば問題なく出来るはずだ。

マスク着用時にFaceIDを使用する

あとでセットアップをしたい場合は、[設定]→[Face ID]と[パスコード]から、同様に「マスク着用時にFace IDを使用」の設定が出来る様になっている。

E27AD760 0A67 4969 ABD1 BA1F8A9DC1C8 scaled 1
[設定]→[Face ID]と[パスコード]から入る画面

実用範囲の動作速度

実際に使用してみたが、マスクなしでのFace ID程ではないにしろ、そこまでもたつくこともなくロック解除を行う事が出来るようになっていた。

また、顔の向きが正しくないと、顔をiPhone側に傾けるように、「下を向いてロック解除」というアナウンスが出るようになっている。これは、なるべくiPhoneの画面と顔(特に目の周辺)が正対するようにしないと認識できないため、正しく動作するために必要なためだ。

B54C0658 C81D 4E39 BA55 C5C13D999EDC scaled 1
適切な顔の向きになるようにアナウンスが出る

ちなみに、Apple Watchを使ったiPhoneのロック解除よりも動作は速くなっていると個人的には感じた

Apple Watchを使ったロック解除と併用してみたところ、動作にもたつきが見られたので、これを機にApple Watchを使ったロック解除の使用をやめてみたところスムーズに動作するようになった。

また、マスクに加えてメガネの着用もサポートしている。先ほどの設定画面から「メガネの追加」を設定すると、メガネ着用時の容姿も学習してくれる。

AB60D81C CE9C 488A 8D27 FEDBFA866420 scaled 1
A295C325 4AB8 447B 9C87 928E2D6DF6F1
マスクに加えてメガネをかけているときの容姿も登録できる

ただし、メガネ着用時はFace IDの認識精度が若干低下するようだ。またサングラス着用には対応していない。

Face IDによる決済やアプリのロック解除にも対応

iPhone自体のロック解除だけでなく、Apple Payなどの決済時やアプリ自体のロック解除など、これまでFace IDが用いられていたロック機能全般についてもマスク着用したままロック解除が出来る様になる。

例えばマスクをした状態でFaceID対応のアプリを使ってロック解除する場合、Apple Watchでは解除できないため、これまではいちいちマスクを外したり、もしくはパスコードを入力しなければならなかったりしたため、外出先では本当に不便を感じていたが、その必要が今後はなくなるため、この改善は本当に助かっている。特に、銀行系アプリやクレジットカード系のアプリなどはFaceIDで解除できないと、パスコードでのログインも出来ずに、最初からIDとパスワードを入力しなければならない仕様の物もあるため、特に恩恵が大きいと思う。

Apple WatchでのiPhoneロック解除よりもいいかも

Apple WatchでのiPhoneのロック解除は、コロナ禍におけるマスク着用習慣に対応したFace IDの改良として1つのあり方なのかも知れないが、実際使って見ると、Apple Watchを着用した自分の近くにあるiPhoneであれば誰でもロックを解除できてしまうので、そこが問題になる部分もあった。

私も、子供がいじくって勝手にロック解除して電話をしてしまったり、LINEを送ってしまったと言うことが何度かあったので、Apple Watchによるロック解除を使わなくても良いのならば、新しいマスク着用に対応したFace IDの導入が良いのではないかと思う。

まとめ

コロナ禍でマスク着用する機会が増え、せっかく便利だったはずのFace IDも満足に使えない事が多かったが、これを機にまた快適に使える日が戻ってくると言うことで、iPhone 12以降をお使いの方には是非オススメしたい機能だ。

ただ、何より望むのはコロナ禍が収束し、また大手を振って海外に出かけられる平和な日々が戻ってくることだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする