IOC会長、オリンピックeスポーツ競技の導入計画を発表

masapoco
投稿日 2023年10月15日 7:04
e sports

国際オリンピック委員会(IOC)のThomas Bach会長は、本日ムンバイで開催された第141回IOC総会の開会式のスピーチで、オリンピックの新たな競技として“eスポーツ”の導入を計画していることを明らかにした

「私はIOC eスポーツ委員会に、オリンピックeスポーツ競技の創設を検討するよう要請した」と、Bach氏は語り、「オリンピック・eスポーツ・ゲームズ」と題した新設大会の構想を行っている事を明らかにしたのだ。

IOC会長はeスポーツについて、世界中で30億人がeスポーツとゲームをプレイしていると指摘した。そのうち5億人以上がバーチャルスポーツやスポーツシミュレーションに興味を持っていると推定される。

「我々にとってさらに重要なことは、彼らの大半が34歳以下であるということだ」

Bach会長はまた、人工知能(AI)の機会を活用するための発想の転換を促した。

Bach会長は、今年初めにシンガポールで開催された第1回オリンピックeスポーツウィークを含め、オリンピック・ムーブメントにおけるeスポーツの注目度が高まっていることについて語った。

IOCとEsportsコミュニティとの最初の関わりは、2018年にローザンヌで開催されたEsports Forumであり、その後、Esports関係者全員と関わるプラットフォームを持つためにEsports Liaison Groupが設立された。2021年、IOCはOlympic Virtual Seriesを開発した。これは、EsportsにおけるIOC初の試験的ベンチャーであった。

「このオリンピック・バーチャル・シリーズから学んだことをもとに、今年初めにシンガポールでオリンピックeスポーツウィークを立ち上げました。シンガポールでは、私たちの総合的なアプローチが功を奏していることが証明されました。私たちはオリンピックとEsportsのコミュニティを結びつけることに成功しました」と、Bach会長は語る。

オリンピックeスポーツウィークのハイライトは、国際スポーツ連盟(IF)やパブリッシャーと協力して行われたスリリングな決勝ライブだ。世界各国から130人以上の選手が集まり、男女混合の10種目で、オリンピック精神を世界的な舞台で競い合った。選手たちはシンガポールの満員のファンの声援を受け、その模様はすべてオンラインでストリーミング配信された。

予選を含め、オリンピックeスポーツシリーズは50万人以上のユニーク参加者を集めた。全チャンネルで600万回以上のライブ視聴を記録し、視聴者の75%は13歳から34歳までの人々だった。

しかし、『Tic Tac Bow』のようなeスポーツとみなされないタイトルが含まれ、『Dota 2』、『League of Legends』、『Counter-Strike』などのタイトルが省かれたことで、ファンからの批判に直面した。これについては、暴力を賛美するようなゲームは歓迎されないとBach氏がかねてより述べてきたことが反映されていると言える。

「これは有望なスタートでした。しかし、これはあくまでスタート地点に立ったに過ぎない。どんなスポーツでもそうですが、有望なスタートが切れた後も、本当のレースはまだ先にあるのです」とBach氏は締めくくった。

Bach氏はスピーチの中で、人工知能(AI)についても言及した:「私たちの継続的な成功は、加速し続けるデジタル技術、特にAIの発展をどのように受け入れるかにかかっています。私たちの継続的な成功は、加速し続けるデジタル技術の発展、特にAIをどのように取り入れるかにかかっています」。

Bach会長は、「新時代の大会」であり、最初から最後までオリンピック・アジェンダ2020とオリンピック・アジェンダ2020+5に完全に沿って組織される最初の大会であるオリンピック2024年パリ大会への興奮が高まっていることも指摘している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • IMG 5098
    次の記事

    Google Pixel 8 Proレビュー:こんな楽しいスマートフォンは久しぶり

    2024年2月10日 14:36
  • 前の記事

    10月中に新型M2 iPad AirやiPad mini 7が発売するかも知れない

    2023年10月15日 6:27
    iPad Air 5th Gen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事