あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Thermal Design Power(熱設計電力)の略で、人によっては、Thermal Design Profile(熱設計プロファイル)と呼ぶこともある。TDPの数値は、CPUやGPUなどのコンピュータ・チップが使用できる最大熱量をワットで表したものだ。また、消費電力の基本的な指標として使われることも多い。

ワット数が多いほど性能が向上するが、温度が高くなり、電力消費量も多くなる。PCメーカーは、ノートパソコンのバッテリー寿命を延ばすためにチップのTDPを下げたり、パフォーマンスを上げるためにTDPを上げたりすることがある。

CPUを買うときは、CPUのTDPを調べて、どんなCPUクーラーが必要かを判断し、十分な電力を供給できる電源ユニットを用意しよう。また、最適なグリスなどのサーマルインターフェイス素材(TIM)を選択すれば、熱を抑えることができる。また