Android 14はメモリ管理の改善により全体的なパフォーマンスがアップしている

スポンサー広告

Android 14は見た目の大きな変化は少ないが、内部的に堅実な改良が行われたアップデートされている。今回、Androidの専門家であるMishaal Rahman氏によって、特にメモリ管理に役立ついくつかの変更点が解説されており、これによりAndroid 14では全体的なパフォーマンスやバッテリー持続時間が向上する可能性があるとの事だ。

Rahman氏は、X(旧Twitter)でAndroid 14で導入された4つの変更点に注目している。最も注目すべき機能強化のひとつは、“キャッシュされたアプリケーションの凍結”の導入だ。Android 14では、キャッシュされたアプリが短時間アイドル状態になると“凍結”され、CPU時間が事実上割り当てられなくなる。ベータテストでは、この結果、キャッシュされたプロセスが使用するCPUサイクルは、Android 13に比べて最大50%減少しているとのことだ。

これを補完するのが、ブロードキャストへの最適化されたアプローチだ。凍結されたアプリが非アクティブのままであることを保証するために、Android 14は、アプリがキャッシュとして指定された後、コンテキスト登録されたブロードキャストを認識する方法を改良した。これらのブロードキャストはキューに入れられるようになり、BATTERY_CHANGEDのような繰り返しのブロードキャストを1つのブロードキャストに凝縮できるようになった。この合理化されたアプローチは、よりスムーズな運用フローを保証する。

これら2つの最適化の重要な副次的な利点は、アプリ起動の迅速化だ。キャッシュされるアプリの最大数の制限を強化することで、Android 14は、従来、より多くのCPUサイクルを要求していたコールド・アプリの起動を減らすことができる。8GBのRAMを搭載したデバイスの予備的な結果では、コールドアプリの起動が20%減少し、12GBのRAMを搭載したデバイスでは30%を超える減少が見られた。このような改善は、より効率的な電力消費モデルと、より迅速なユーザーエクスペリエンスに直結する

さらに、Android 14はメモリフットプリントを大幅に削減している。新しいAndroidバージョンでART 14に更新されたAndroidランタイムは最適化され、パフォーマンスを損なうことなくコード・サイズを平均9.3%削減した。コードが小さくなるということは、メモリやストレージへの負担が減り、全体的な効率が向上することを意味する。

Android 14の最初の発表では、これらの変更は大々的に公表されなかったが、それでもユーザーに大きな影響を与えるはずだ。こうした表には出にくい改良に焦点を当てていることは、新機能の導入だけでなく、OSの基礎的な面も最適化するというGoogleのコミットメントを示している。

実際のアプリケーションでは、Android 14はPixelデバイス、特にPixel 6と7における長年の問題に対処している。これらの端末のユーザーからは、オーバーヒートやバッテリーの過剰消耗がしばしば報告されていたが、Android 14では、多くのユーザーがより低温でスムーズに動作し、バッテリーの持ちが向上していることを確認している。Googleはこれらの改善が特定の変更によるものだとは明言していないが、OSはこれらの懸念を改善するためにいくつかの内部最適化を行ったようだ。


Source

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です