サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

サムスン、業界最速8.5GbpsのLPDDR5X DRAMを発表

Samsung(サムスン)が、データ転送速度が最大8.5Gbpsとなる業界最速のLPDDR5X DRAMを発表した。14nm EUVプロセスで製造された同社の新しいメモリチップは、すでにQualcomm(クアルコム)のSnapdragon Mobileプラットフォームで使用することが検証されているという。この新しいDRAMチップは、将来のハイエンドスマートフォンや超薄型ノートパソコンに搭載されることが期待される。

Samsung LPDDR5X DRAM 2

Samsungは、今年の初めに最大7.4Gbpsのデータ転送速度を達成したが、わずか数カ月でこのマイルストーンを超えてみせた。Qualcommなどとのより深い協力関係のおかげで、SamsungはLPDDR5X DRAMのリリースを1年以上早めることができたのだ。これらのチップは、来年のハイエンドスマートフォンおよびタブレットの内部で Snapdragon 8 Gen 2 プロセッサと一緒に使用される可能性がある。特に、Samsungの次期フラグシップモデルである、Galaxy S23シリーズでの使用が期待されるところだ。

Samsungは、最新のLPDDR5X RAMが最高で8.5Gbpsのデータ処理速度を実現し、従来のLPDDR5の帯域幅6.4Gbpsの1.3倍の速度になると主張している。また、新しい 14nm プロセスにより、最新のメモリは電力効率が向上し、LPDDR5 規格と比較して消費電力が 20%削減されるとのことだ。この 16Gb LPDDR5X RAM チップは、最大 64GB のメモリに構成することができるため、ラップトップ、高性能コンピューティングデバイス、サーバ、および自動車でもこの技術を活用することができる。

自律走行車の増加により、センサーから大量のデータを取得し処理するようになったため、Samsungは、自動車セクタ ーで LPDDR5X DRAM チップが力強い成長を遂げると見ている。また、ハイパフォーマンスコンピューティングの分野では、LPDDR DRAM はブランドによる消費電力の削減を支援し、結果的に所有コストを大幅に削減することにつながるだろう。

また、将来のApple製品において、MacBook Proモデルで、新たにLPDDR5X RAMを採用することも予想される。2022年モデルのMacBook Proに同じメモリが搭載されるかどうかは、まだ不明だが、年末からの発売で採用されることを期待したい。

Samsung LPDDR5X DRAM 1B
SamsungのLRDDRメモリのロードマップ(Image Credit: Samsung)

Samsung Electoronicsのメモリ製品企画チームのエグゼクティブVPであるダニエル・リー氏は、「LPDDRメモリはスマートフォンだけでなく、AIやデータセンター・アプリケーションにも用途を広げ続けており、メモリとSoCベンダー間の強い連携がより一層重要になってきています。Samsungは、Qualcommのようなイノベーターと積極的に関わり、将来のLPDDR規格に対するエコシステムの準備態勢を強化していきます。」と述べている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする