サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

ヨーロッパでハッキング不可能な通信を実現する量子暗号衛星を2024年に打ち上げ予定

Credit: ESA

欧州宇宙機関(ESA)は、サイバー攻撃の脅威から情報を守るため、ハッキング不可能な量子暗号通信の基礎を構築する事を目的とした、新たな人工衛星の打ち上げについて発表した。

ESAとSES(本社:ルクセンブルグ)が欧州委員会の支援を得て合意したばかりの契約で、Eagle-1衛星はこのパートナーシップで開発される欧州初の宇宙ベースの量子鍵配送システムだ。

この衛星は、量子力学の法則に基づき情報を安全に保つ超安全ネットワークへの道を開き、サイバーセキュリティと通信における欧州の自律性を大幅に向上させることが期待されている。

Eagle-1は2024年に打ち上げられ、軌道上で3年間、新世代の安全な通信に必要な技術をテストする。ESAによると、この衛星は「量子力学の原理を利用して暗号鍵を配布し、盗聴を試みたとしてもすぐに発見できるようにする量子鍵配布技術の実現可能性を、衛星ベースのシステムを使ってEU域内で実証するものである。」とのことだ。

このシステムは、地球低軌道から地上までの量子鍵配布技術の実証と検証を行い、欧州量子通信インフラ(EuroQCI)の開発と展開のための貴重なミッションデータを提供するものであり、欧州安全接続システムに統合される予定である。これにより、EUは主権的で自律的な国境を越えた量子セキュア通信ネットワークの準備を行うことができるようになるとのことだ。

ESAは、9月下旬にパリで開催された国際宇宙会議(IAC)において、プロジェクトリーダーのSESとEagle-1の契約を正式に締結した。ルクセンブルクに本社を置く同社は、20社以上の欧州企業からなるコンソーシアムを率いて、Eagle-1の開発を進めることになる。

ESAの通信・統合アプリケーション担当ディレクター、Elodie Viau(エロディ・ヴィアウ)氏は「今日の相互接続がますます進む世界では、情報を安全に保つことが最も重要です。強固な暗号鍵と、その安全な配布を可能にする技術は、この取り組みに不可欠です。我々は、ESAとSESを中心とするコンソーシアムとの間で、高セキュリティで自律的な量子鍵配布システム「Eagle-1」を構築するためのパートナーシップを結ぶことができたことを誇りに思います。ESA は、大規模なプログラムを中心に産業界が連携することで、欧州の宇宙産業が成功し、 競争力を飛躍的に高めることを可能にします。」と述べている。

SESのCEOであるSteve Collar(スティーヴ・カラー)氏は声明の中で、「量子コンピュータが普及した未来の世界における欧州の安全保障と主権は、欧州とその加盟国の成功に不可欠です。我々は、ESA、欧州委員会、ルクセンブルグ政府とのパートナーシップのもと、我々のマルチオービットクレデンシャルと革新的なプラットフォームやソリューションを活用し、量子通信を推進し、将来の安全で主権的な欧州ネットワークをサポートするEagle-1システムを開発できることを誇りに思います。」

Eagle-1衛星のプラットフォームは、イタリアのSITAEL社が提供する予定だ。この衛星には、ドイツのTesat Spacecom社が製作した量子鍵ペイロードが搭載され、SES社が運用する予定である。オーストリア、ベルギー、チェコ、スイスの企業もこのプロジェクトに参加している。

このプロジェクトは、欧州連合の研究・イノベーションのための主要な資金提供プログラムであるHorizon EuropeとESAの支援を受けている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする