金星で生命探索をするために必要なこととは?

金星に生命が存在するかどうか、あるいはその可能性は、最近話題になっている。金星の大気に含まれるホスフィンバイオマーカーとして発見されるなど、さまざまな論争がある。この論争を終わらせる最善の方法は、実際に金星に行ってサンプルを採取することであり、少なくとも金星の雲層における生命の存在を制約するのに役立つだろう。そして、学界と産業界の幅広いチームがまさにそれを実現したいと考えている。

昨年末に発表された「ビーナス・ライフ・ファインダー(VLF)」ミッションのコンセプトは、金星の雲の中に生命を発見するために必要な科学とは何かということに焦点をあてている。金星の雲に生命が存在するのではないかというアイデアを思いついたのは、このミッションのチームが初めてではない。金星の地表に恐竜がいることを諭したカール・セーガンと共著者のHarold J. Morowitzが、1967年にこのアイデアを初めて科学的に発表した。

Source
論文
参考文献

それ以来、私たちは金星の雲に何度か探査機を送り込み、もう一度見てみたいと思うような奇妙な化学物質をたくさん発見してきた。しかし、残念ながら、1980年代以降、金星の雲を通過する探査機は送られていない。だが、それ以来、生命探査に役立つ技術が飛躍的に進歩しただけでなく、VLFチームが発表した将来のミッションに関する新しい論文にもあるように、宇宙生物学という科学分野全体が進歩しているのだ。

この2つの事実は、金星の大気を生化学的な観点から見直す時期に来ていることを意味しており、VLFチームはそれを実現することを望んでいる。この3段階のミッションは、昨年末に決定された。そして、その第1段階は、控えめに言っても野心的なものだ。

VLFチームはRocket Labと契約し、2023年に金星の大気圏に探査機を送り込むとのことだ。ロケットと隣人への移動手段は、Rocket Labが提供する。このロケットには、同社のロケット「エレクトロン」、宇宙船「フォトン」、そして突入機が含まれる。

残念ながら、この突入機では、気候が最も快適な雲の上層大気ですらも、探査機がデータを収集できるのは、約 3 分間だけしかない。しかし、この3分間は非常に貴重なものとなるだろう。この最初のミッションの科学装置は、有機物を輝かせることのできるAFN(Autoflourescing Nephelometer:自動蛍光比濁計)によるものが中心で、金星の雲に存在する有機物を輝かせることができるとのことだ。

2022 ph i seager
大気圏を抜けて落下する探査機を備えた最初の気球ミッションのコンセプト(Credit: NASA)

これまでの探査機では、単に硫酸の液体でできているわけではない、奇妙な形をした分子がすでに見つかっている。モード3粒子と呼ばれるこの分子の存在が、そもそもこのミッションに興味を持たせた主な要因の一つである。AFNは、すでに飛行機の外壁に使われている既存の商用技術に基づいており、次のミッションである気球に役立つユニークな洞察を与えることができるだろう。

金星への気球ミッションのアイデアも新しいものではない。気球で金星の雲層の都市全体をカバーできると考える者もいるほどだ。しかし、今回のVLFミッションでは、気球とゴンドラを使うだけでなく、雲層を通過する一連の探査機を打ち上げ、さらに下の環境に関するデータを収集できる可能性があるのだ。このミッションの科学的装置には、バイオシグネチャーの鍵となる特定のガスを探索する分光計、金属の存在を検出する微小電気機械システム、気球の雲層のpHを検証する超高感度pHセンサーが含まれる。これらの技術のほとんどはすでに存在しているが、分光器に供給する液体濃縮器など、まだ開発が必要なものもある。

この開発努力は、3つのVLFミッションのうち最後のミッションであるサンプルリターンミッションにうまく反映されるだろう。火星からのサンプルリターンミッションや、月から持ち帰った0.5トンの岩石のように、太陽系の特定の場所で化学的に何が起こっているかを本当に理解する最善の方法は、そのサンプルを地球の研究所に持ち帰ることなのだ。3つ目のVLFミッションは、金星の大気のサンプルを地球に持ち帰り、私たちが用意できる最高の機器で直接研究するための、上昇ロケットを含む別の気球を設計することだ。

image 1

しかし、他の2つのミッションの経験は、サンプルリターンミッションに活かされることだろう。また、そのようなミッションが開始されるまでには、まだ十分な時間があるはずだ。もしVLFチームが来年、最初のミッションを成功させることができれば、それは素晴らしい成果であり、科学がこれまでになしとげた最も重要な発見の1つにつながる可能性があるのだ。

この記事は、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする