サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

PC市場は2022年に急減し、2024年に回復の見込み

IDCは、2022年の市場は前年比で4350万台縮小し、あと1年は成長に戻らないとの予測を発表した。これは、ここ数ヶ月、消費者のパソコン対する需要が軟化しているという報道を裏付けるものだ。

IDCは、2022年のPCの出荷台数は3億530万台となり、2021年の3億4880万台から12.8%減少すると見ている。タブレットは1億5680万台となり、前年比6.8%減となる。パーソナルコンピューティングデバイス(PCとタブレット、PCD)合計の出荷台数は、2022年には4億6210万台となり、2021年比で10.8%減少する見込みだ。2023年のPCDの販売台数はさらに2.3%減少し、2024年には回復する。しかし、PCとタブレットの出荷台数は、パンデミック前よりも増加しているが、2025年になっても、パンデミック前のピークに戻ることはないだろう。

idc 2022 0901
(Image credit: IDC)

IDCは、消費者の手元にあるPCの飽和状態、世界経済の低迷、インフレが見通し低下の主な原因であると見ている。

「長期的な需要は、緩やかな景気回復と、Windows 10のサポート終了に伴う企業のハードウェア更新によって牽引されるでしょう。教育現場やハイブリッドワークが主力となり、さらなる台数を牽引すると予想される」と、IDC Mobility and Consumer Device TrackersのリサーチマネージャーであるJitesh Ubrani氏は述べている。

最近強調されていることの1つは、消費者がPCやタブレットへの支出を減らしているのに対して、企業市場は新しいハードウェアを購入し続けているということだ。実際、IDCは、消費者が今年購入するPCDが9.9%減少するのに対し、企業の購入は1.6%と控えめに縮小すると見ている。しかし、どうやら消費者が先頭を切っているわけではないようで、中小企業は2022年に10.5%、公共機関(政府機関、学校)はなんと20.3%もPCDの消費を減らす計画であることがわかった。

IDCのデバイス&ディスプレイ部門リサーチバイスプレジデントであるLinn Huang氏は、次のように述べている。「景気の逆風が加速する中、消費者心理の悪化により、今後6四半期にわたって消費者市場がさらに縮小すると予測しています。次の大規模な更新サイクルに間に合うように経済が回復すれば、本予測の外周期にはある程度の成長が見込まれます。数量は流行のピークには達しないでしょうが、消費者市場はよりプレミアムな市場へと向かっていくと思われます。」

IDCのデータは、今週初めのJon Peddie Researchのレポートでも間接的に確認されており、2022年第2四半期のPCメーカーへのPC CPU出荷量は前年同期比33.7%減、ディスクリートデスクトップグラフィックスカードの売上は同9.6%減とされています。なお、IDCはディストリビューターやエンドユーザーに販売されるPCボックスをカウントしているが、JPRはハードウェアメーカーに販売されるチップをカウントしている。2022年第2四半期にPCメーカーに出荷されたチップが少なければ少ないほど、次の四半期以降に販売されるPCは少なくなる。

XekFSfkyFSpQY4zoDa9JZ8 970 80
(Image credit: IDC)

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする