Sony 約40万円の超高級ウォークマン新型を発表

masapoco
投稿日 2022年2月19日 3:38
sony signature walkman img 001

2022年2月9日、Sonyは同社のフラグシップオーディオシリーズ「Signature Series」から、新型ウォークマン「NW-WM1ZM2」と「NW-WM1AM2」を発表しました。

発売は、2022年3月25日の予定です。

市場推定価格はNW-WM1ZM2が税込で約40万円前後、NW-WM1AM2が税込で約16万円前後と、超高級ウォークマンとなっています。

主な特徴

NW-WM1ZM2

「NW-WM1ZM2」は、筐体に従来機種「NW-WM1Z」比で不純物を約1/4に減少させた、純度約99.99%の総削り出し無酸素銅シャーシを採用しており、無酸素銅の純度向上による抵抗値のさらなる低減により、伸びのある澄んだ高音や、クリアでより力強い低音域を実現しています。

内蔵ストレージ容量は256GBです。

NW-WM1AM2

「NW-WM1AM2」は、筐体に総削り出しアルミシャーシを採用したモデルです。リアカバーの素材にも一体型のアルミを採用することで低インピーダンス化と高剛性を両立したほか、伸びと透明感のある音質を実現しています。

こちらは内蔵ストレージ容量128GBと、差別化が図られています。

共通する特徴

両機種ともにフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)およびリニアPCM(最大384kHz/32bit)のハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の再生に対応します。

また、JEITA統一規格であるφ4.4mmのヘッドホンバランス端子を搭載しています。

すべての接合部に高音質はんだを採用し、加えて、オーディオブロックの電源のバイパスコンデンサー全てにFTCAP3(新開発高分子コンデンサー)を搭載するなど電源を強化し、高音質を徹底追求しています。

また、新たにAndroid を搭載し、Wi-Fi接続にも対応することでストリーミング再生も可能なほか、全てのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換する「DSDリマスタリングエンジン」も新搭載しています。

さらに、5.0インチの大型ディスプレイ搭載やUSB Type-Cケーブルの対応により、高い操作性や利便性を実現しています。

なお、本商品の包装は個装パッケージのプラスチック使用量ゼロを実現しています。

40万円のウォークマンということで、ちょっと持ち出すのが怖くなりそうですが、試す機会があったらどれだけ音質が違うのか試してみたくなるような製品ですね。

Source: Sony



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple AR headset concept
    次の記事

    噂のApple AR/MRヘッドセットには「realityOS」が搭載される?

    2022年2月19日 3:46
  • 前の記事

    iPhoneが非接触型決済端末になる「Tap To Pay」をAppleが発表

    2022年3月20日 6:04
    Tap to Pay on iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事