Google、「Project IDX」発表:VSCodeベースのAI搭載WebベースIDE

masapoco
投稿日 2023年8月9日 8:41
FireShot Capture 226 Project IDX

Googleは、「Project  IDX」と呼ばれる新しいクラウドベースの統合開発環境(IDE)を発表した。この新製品は、アプリケーションをより効率的に構築するためのAIツールや機能を提供することで、ソフトウェア開発者のエクスペリエンスを向上させることを目的としている。

Project IDXは、Google Cloud上に構築されたブラウザベースの開発環境であり、コード上で学習され、PaLM 2上に構築された基礎的なAIモデルであるCodeyを搭載している。

GoogleはProject IDXをVisual Studio Codeの上に構築し(Code OSSを使用)、CodeyやPaLM 2のようなAI統合に集中できるようにした。GoogleのAIプログラミング・アシスタントCodeyは、スマートなコード補完、コーディングの質問に答えるチャットボット、文脈に応じたコードの推奨を可能にする。

Project IDXは、現在、Angular、Flutter、React、Vue.jsのような一般的なフレームワークをサポートしており、さらなる言語やフレームワークのサポートも予定している。

Project IDXの主な利点は、どのデバイスからでもアクセスできる一貫した開発環境を提供することだ。これにより、開発環境がマシン間で同期されていることを確認するといった、面倒な作業から解放される。また、クラウドベースのIDEは、多くの開発者のマシンではローカルに利用できない堅牢なコンピューティングリソースへのアクセスも提供する。

例えば、Googleによると、Project IDXはクラウド上のmacOSマシンを使ってiOSアプリをビルドし、iOSシミュレータを表示する事も出来るという。Androidエミュレータのサポートに関する詳細は後日発表される。

Project IDXは、ソース管理のためのGitHubや、ホスティング、クラウド機能などのためのGoogleのFirebaseプラットフォームと深く統合している。各ワークスペースはLinuxベースの仮想マシンを提供する。

Project IDXは現在、初期プレビュー版である。Googleは、さらに多くの言語、フレームワーク、クラウドサービスの統合を追加する予定だ。IDXはまだ初期段階だが、「開発者のコーディング方法に革命を起こす可能性がある」とGoogleは述べている。

一方で、Microsoft傘下のGitHubは、Copilot Chatを導入し、Copilotを次のレベルに引き上げた。これは、開発者がより会話的にCopilotとやりとりできるようにする機能だ。これにより、自分のコードについてCopilotに質問したり、コードの特定の部分について説明を受けたり、Copilotにコードのバグを修正してもらったりすることもできるようになっている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • atom bubble
    次の記事

    理論上でしかなかった“量子超化学”反応を世界で初めて観測することに成功

    2023年8月9日 10:12
  • 前の記事

    NVIDIA、世界初のHBM3eメモリ搭載GPU「GH200 Grace Hopper」を発表

    2023年8月9日 7:19
    nvidia gh200 grace hopper superchip platform

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事