ディアブロ・イモータルが8週間で1億ドルの売上を達成

masapoco
投稿日 2022年7月29日 5:40
diablo imortal image

最強を目指すためには1,000万円以上のアイテム課金が必要な事で一部で炎上も起きたActivision Blizzard・NetEase共同開発のスマートフォン向けRPG『Diablo Immortal』は、毀誉褒貶様々あるけれども、収益性という観点から見れば大成功のようだ。

Fortniteの12週間で1億ドル達成の記録を上回る

アプリ解析会社Sensor Towerの新しいレポートによると、このゲームはモバイルデバイスとPCの両方で発売以来、最初の8週間で1億ドル(135億円)以上を稼いだとされている。

Sensor Towerによると、このゲームは、モバイルに進出した主要なビデオゲームIPの中でも上位に位置するとのことだ。それによると、任天堂の『ファイアーエムブレム ヒーローズ』は1億ドル達成に10週間、『Fortnite』は12週間、『ファイナルファンタジーXV』は22週間を要したとのことで、『Diablo Immortal』の8週間は偉業と言えるだろう。とはいえ、1億ドルの収益を達成するために2週間しかかからなかった『Pokemon GO』にはまだまだ及ばないが。

現在、Sensor Towerは、Diablo Immortalが収益面で世界第13位のモバイルゲームであると報告している。また、モバイルRPGでは4位、MMORPGでは同じくNetEaseのゲーム「夢幻西遊」に次ぐ2位となっている。

ちなみにDiablo Immortalは、巨大ゲーム市場中国では調査の時点ではまだリリースされていなかった。7月25日に中国でリリースされることにより、さらに大きな収益を上げることが期待される。Sensor Towerによると、同ゲームは7月26日に同国でPUBG Mobileに次ぐ収益第2位のモバイルゲームになったとのことだ。現在、同ゲームの1位の市場は米国となっている。 Diablo ImmortalがパブリッシャーのActivision Blizzardにとって、今後も大きな稼ぎ頭になれるかどうか、注目される。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • photohics
    次の記事

    AMDがフォトニクスコンピューティングについての特許を申請

    2022年7月29日 8:54
  • 前の記事

    Apple Carの開発に元ランボルギーニの幹部が参加

    2022年7月29日 5:18
    aventador image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事