あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMD、PC市場の低迷が続く中でも予想を上回る決算を発表

チップ設計企業のAMDは、本日2023年第2四半期決算を発表したが、売上高は前四半期比横ばいだったものの、年間では12億ドルの減少を記録しており、半導体セクターの減速がまだ終わっていないことを我々に知らしめた。特に、クラウド支出の鈍化とパーソナル・コンピューティング環境の低迷は、インフレ率が2022年のピークから大幅に低下したとはいえ、今回の業績にも引き続き悪影響を及ぼしている。

AMDはまた、9月期の売上高を57億ドルと予想しており、アナリスト予想の58億2000万ドルには届かなかった。しかし、世界最大のチップメーカーであるTSMCの第2四半期決算で、チップ不況が当初懸念されていたよりも長引くとの見通しが示されたことで、チップ企業にとって全体的に暗い環境の中、EPSと売上高は予想を上回ったため、同社株はアフターマーケット取引で上昇している。

AMDの決算報告は、全体的に低調な報告ではあったが、ウォール街では事前に予想されていた。直近の四半期では、最新のRyzen 7000シリーズ・チップがついにリリースされ、、インフレ率の低下により溜まりに溜まった需要が解放されたことから、消費者向け製品の売上を占めるクライアント・コンピューティング部門が35%成長した。2023年第2四半期のクライアント・コンピューティング部門の売上高は9億9,800万ドルで、第1四半期の7億3,900万ドルを大きく上回ったが、2022年第1四半期の21億ドルを大幅に下回った。

一方、AMDのゲーミング・セグメントとエンベデッド・セグメントの売上高は前四半期比で減少し、年間では約30億ドル減少した。当四半期において、これら両セグメントの売上高は7%以上減少したが、エンベデッドセグメントは唯一、年間売上高と営業利益が増加した。

AMD Q2 2023 DATACENTER RESULTS

しかしアナリストは、2023年後半にはデータセンターへの支出が増加し、人工知能製品に傾くと見ている。GPU市場におけるAMDの大きなライバルであるエヌビディアは、すでにデータセンターAI向けに巨大な市場を築いているが、AMDの製品は最初の波が去った後にリリースされると予想されている。

AMDの主力事業であるデータセンター部門は、7月期も収益部門で最大のシェアを維持した。しかし、より広範な融資環境が企業の支出に影響を及ぼしたため、売上高は前年同期比11%減、営業利益は69%減となった。金利の上昇は企業予算を圧迫し、企業がデータセンターやその他のインフラに使える資金を減らす傾向にある。AMDは、EPYCプロセッサーの売上減少が減益の一因となったことを明らかにした。

AMDのバランスシートを考慮すると、第1四半期の在庫は比較的安定しており、チャネル小売業者は現在の需要の大部分を満たすのに十分な製品をまだ持っていると同社が考えていることを示している。このことは、TSMCの経営陣が第2四半期決算の際に発表した、在庫消化が予想以上に遅れているため顧客の注文が増加するまでに時間がかかるとの予測とも一致している。

今後の見通しとして、AMDは2023年第3四半期に57億ドルの売上を見込んでおり、これが達成されれば最終的に年率2.5%の成長となる。AMDは、通年ではクライアント部門からの利益は期待していない。その代わり、データセンターと組み込み機器の売上が年間成長率を記録して2023年を締めくくると予想している。AMDの7月1日までの6ヵ月間の営業キャッシュフローも、GAAP基準の純損失がバランスシートから資金を絞り出すため、毎年半分以上減少している。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA