あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

オンライン詐欺の被害に遭わないために – 最新の調査では○○が重要

最新のデジタル犯罪に対応するのは大変なことだ。詐欺師たちは、いつも一歩先をいっているように見える。しかし、私たちの調査によると、オンライン詐欺でお金を失う可能性を大幅に減らすためにできる簡単なことが1つある。

実際、詐欺師が使うさまざまなテクニックの中で、緊急性を感じさせたり、すぐに行動や反応を起こさせることは、おそらく最も被害が大きいだろう。多くの正規の販売と同様、急いで行動すると、注意深く考え、情報を評価し、慎重に決断する能力が低下する。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴うロックダウンにより、私たちはショッピングやバンキングなどのオンラインサービスへの依存度を高めた。この傾向を素早く利用するために、詐欺師たちはオンライン詐欺の割合と範囲を拡大した。サイバーセキュリティ企業のF5によると、世界的な大流行の最中、フィッシング攻撃だけでも年間平均と比較して200%以上増加したとのことだ。

多くの人が被害に遭う詐欺の種類の一つに、偽のWebサイト(正規の企業や政府のWebサイトを偽装したもの)がある。消費者からの苦情を受け付ける非営利団体Better Business Bureauによると、偽のWebサイトは報告されている主要な詐欺の一つだ。2022年には米国で約3億8000万米ドルの小売店での損失が発生したと推定されている。実際には、多くのケースが報告されていないため、損失額ははるかに大きいだろう。

私たちは、人々が本物と偽物のWebサイトを区別する能力にどのような要因が影響するかを評価するために、一連の実験を開発した。実験では、参加者は6つのWebサイトの本物と偽物のスクリーンショットを閲覧した。Amazon、ASOS、Lloyds Bank、WHO COVID-19寄付サイト、PayPal、HMRCの6つのWebサイトのスクリーンショットを閲覧した。参加者の人数はまちまちだが、各実験で200人以上が参加している。

spyware

各調査では、被験者にスクリーンショットが本物のWebサイトを表示していると思うかどうかを尋ねた。その後、インターネットに関する知識と分析的推論を評価するためのテストも行った。これまでの研究で、分析的推論が、ニュースやフィッシングメールを本物か偽物かを見分ける能力に影響を与えることが分かっている。

人は、システム1とシステム2という2種類の情報処理を行う傾向がある。システム1は、素早く、自動的に、直感的に、そして私たちの感情に関連するものだ。専門家が迅速な意思決定を行うには、このシステム1を利用するのが一般的だ。システム2は、遅く、意識的で、手間のかかるものだ。分析的推論タスクで優れたパフォーマンスを発揮する能力は、システム2の思考と関連があるが、システム1の思考とは関連がない。そこで、我々は分析的推論タスクを代理として使い、人々がシステム1思考とシステム2思考のどちらにより傾いているかを知るのに役立てた。

分析的推論テストの問題の一例を挙げる。「バットとボールの値段は合わせて1.10ドルです。バットはボールより1.00ドル高い。ボールの値段はいくらですか?」

私たちの結果は、高い分析的推論能力が、偽物と本物のWebサイトを見分ける能力の向上と関連していることを示した。

他の研究者は、時間的なプレッシャーが人々のフィッシングメール検出能力を低下させることを発見した。また、システム2よりもシステム1の処理を行う傾向がある。詐欺師は、私たちに情報を慎重に評価させるのではなく、感情的に関与させようとするのだ。そこで、私たちは次のステップとして、より短い時間(最初の実験では20秒でしたが、約10秒)でタスクを実行できるようにした。

今回は、新しい被験者セットを使った。その結果、Webページの信頼性を判断する時間が短かった参加者は、本物と偽物のWebサイトを識別する能力が低いことが判明した。その結果、20秒間でWebサイトの信頼性を判断したグループと比較すると、約50%精度が低下していた。

そこで、新たな参加者に、偽物のWebサイトを見分ける15のコツ(例えば、ドメイン名をチェックする)を伝えた。また、半数の被験者には正確さを優先して必要なだけ時間をかけてもらい、残りの半数にはできるだけ早く作業するように指示した。正確さよりも早く作業することが成績の悪化につながり、先に提供した15のヒントの記憶も悪くなった。

あらゆる年齢層でインターネット利用が増加する中、詐欺師は、Webサイトが正当なものかどうかをより直感的な情報処理メカニズムで判断する人々の傾向に乗じている。詐欺師は、このような状況での決断が自分たちに有利になることを知っているので、人々がすぐに行動するように勧誘をデザインすることがよくある。例えば、割引がもうすぐ終了することを宣伝するなどだ。

偽のWebサイトを見分ける方法として、ドメイン名をよく調べ、南京錠のマークを確認し、Get Safe OnlineなどのWebサイトチェッカーを使い、スペルミスを探し、あまりにも良さそうな取引には注意するようアドバイスしているものが多くある。これらの提案には、明らかに時間と慎重な行動が必要だ。実際、あなたができる最善の行動は、「スピードを落とせ」ということかも知れない。


本記事は、Yaniv Hanoch氏、Nicholas J. Kelley氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「How to avoid falling victim to an online scam – research says slow down」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!
執筆者
Photo of author

The Conversation

The Conversationは、ニュース記事や調査報告書をオンラインで公開する非営利メディアのネットワークで、専門家の意見や分析が添えられている。記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもと、学者や研究者によって書かれ、改変せずに再利用できるようになっている。画像の著作権条件は通常、画像のキャプションと帰属に記載されている。そのモデルは説明的ジャーナリズムと評されている。「例外的状況」を除き、「大学や公認研究機関など公認機関に雇われた、あるいは公認機関と正式につながっている学者」による記事のみを掲載する。

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA