あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Android 14、最初の開発者向けプレビューがリリース

Googleは、スマートフォンOS「Android 14」の最初の開発者プレビューを公開した。その名の通り、このGoogleの最新モバイルOSアップデートの最初の「公開」バージョンは、主にアプリ開発者が、システムやAPIの変更に慣れ、自社製品をAndroid 14で動作させることをテストすることを目的としている。現時点では、このプレビュー版は、Pixel 4aから最新のPixel 7およびPixel 7 Proのスマートフォンに至るまで、GoogleのPixelフォンで動作するように作られている。

Googleの発表ブログ記事では、新OSの詳細な情報は提供されていない。Android 14で提供される新機能のほとんどは、後のビルドまで登場しないだろう。だが、今回の更新では開発者がアプリを構築し、アップデートするための良いベースとなるものが提供されている。例えば、Googleは、Android 12Lと13でリリースされたタブレットと折りたたみ式の機能を改善したと言っている。また、バックグラウンドタスクも合理化され、バッテリーライフとパフォーマンスが改善される予定だ。

ただし、すでに2つの注目すべき変更点がある。以前から噂されていたように、Android 14は古いアプリのインストールをブロックするようになる。Android 14では、APIレベル23(Android 6.0)以上を対象とするアプリのインストールができなくなるのだ。

開発者はアプリのマニフェストでAPIバージョンを宣言する必要があり、それによってシステムにどのようにプラグインするかが決定される。Androidは古いアプリも問題なく実行できるが、最新の機能やセキュリティが欠けている。正規の開発者は、古いAPIを実行する理由があるかも知れないが、マルウェアの作成者は、システムのセキュリティを回避するためにそのようなことをするのだ。

Googleは、APIをAndroid 6.0に限定することを選択した。それは、アプリのきめ細かいパーミッションを実装したときだからだ。古いアプリは、要求されたパーミッションを自動的に取得することになるが、これは今となっては異常としか言いようがない。Androidのバージョンが新しくなるたびに、APIのインストール制限は進み、古いアプリがあなたのデバイスを危険にさらすことはなくなるだろう。Playストア以外からアプリをサイドロードすることがないのであれば、何も変わることはない。Googleのアプリリポジトリは、数年前にAPI制限を採用している。

もうひとつの注目すべき変更点は、非線形のテキストスケーリングのサポートだ。Androidでは、テキストが小さすぎることがあるため、サイズを大きくするオプションが用意されている。しかし、これはすべてのテキストを同じマージンで拡大するため、ヘッダーやタイトルが巨大化する可能性がある。非線形のスケーリングは、大きなテキストよりも小さなテキストを調整し、ページ全体を読みやすくしてくれる。

image2

または、Grammatical Inflection APIも面白いところだ。これにより、アプリ開発者は、相手の性別によって文法が変わる言語のサポートを追加できるようになる。

Googleは、今後のAndroid 14のリリースのタイムラインを設定した。3月に開発者プレビューの更新版を発表し、4月に最初のベータ版リリースを予定している。今後数ヶ月の間にさらに多くのベータ版が開始され、Googleは現在、「プラットフォーム・スタビリティ・リリース」と呼ばれる最終版に近いバージョンを6月から7月の間に利用可能にすることを計画している。 Android 14の最終ビルドは7月以降にリリースされるが、特定の日付についての詳しい情報は提供されていない。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA