サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

MSI、240Hzパネルを搭載した世界初の超ウルトラワイドQD-OLED湾曲型ゲーミングディスプレイ「Project 491C」を発表

MSIは、240Hzパネルを搭載した世界初の超広角QD-OLEDゲーミングディスプレイとなる「Project 491C」の登場をInstagramにて予告した。

この超広角湾曲型ゲーミングモニターは、CES2023で登場するようだ。

240HzのQD-OLEDパネルを搭載した世界初の超広角湾曲型ゲーミングモニターが登場します。
CES2023でProject 491Cのデビューを飾る準備をしましょう。

MSI Instagram

このモニターが49インチのサイズとUWQHD(3440×1440)の解像度を特徴とすること以外は不明だが、公開された画像から、超弩級のサイズになる事が窺い知れるだろう。

そして、価格も恐らく驚くほど高額になるに違いない。

参考までに、MSIの現行湾曲型ゲーミングモニターの最高峰「Optix MEG381CQR Plus」は、IPSパネルの3840×1600湾曲型モニタだが、それでも225,800円なので、軽く40万円は超えるに違いないと個人的には予想している。

ただ、その前に海外では既にMSIは34インチのQD-OLEDゲーミングディスプレイ「MEG 342C」もラインナップしており、こちらはUWQHD(3440×1440)パネル、リフレッシュレート175Hz、応答速度0.1msに対応している。まずはこちらの登場が先だろうか。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする